PHPの入門書でおすすめできる本を厳選

最終更新日:

Webアプリケーションを作成するプログラム言語としてPHPは非常に人気のある言語です。 PHPが出来るようになると、制作できるモノの幅が大きく広がります。 WordPressもPHPで作られていますから、WordPressのカスタマイズも出来るようになります。

前提として、PHPは「サーバーサイドで動作するプログラミング言語」だということはおさえておいてください。 JavaScriptは「クライアントサイドで動作するプログラミング言語」になります。

これはプログラミングで書かれた処理内容を、サーバー側で実行するか、クライアント側で実行するかの違いです。 PHPはサーバー側で処理を実行します。

数あるプログラミング言語の中でもPHPは習得しやすい言語です。 ですから独学で最初に学ぶプログラミング言語としてはおすすめです。

それではPHPおすすめ本を紹介していきます。

いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~

この本は1冊目のPHP入門書としておすすめです。

こまかい理論はあとまわしにして、アンケートシステムを作っていきます。 「作っていく過程で必要な説明をする」というスタンスです。

この本を最初に読んだときに「これは入門書として人気があるのは当たり前!」 と思いました。理由としては以下の通りです。

  • 説明がわかりやすい
  • 初心者がつまづきそうな所を丁寧に説明してくれている
  • ページ数が多すぎない
  • アンケートシステムをつくることで、モノを作る喜びを味わえる
  • データベース操作もできるようになる
  • 最後まで読み通すことができる

この本は、著者がパソコンスクールで教えていた経験をもとに書かれています。 ですから初心者がどこで躓くか、どう説明すればわかってもらえるかを熟知しています。 テクニカルライターが書いているプログラミング書籍とは明らかに一線を画す書籍です。

他のPHP本で挫折した経験のある方は迷わずこの本を読んでみてください。

気づけばプロ並みPHP~ショッピングカート作りにチャレンジ!

この本は、最初に紹介した入門書「いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~」の続編にあたる本です。 ログインフォーム、ショッピングカート、注文フォーム等を作ることを通して、1つのシステム(Webサービス)を作成します。

1つのシステムを1から自分の手で作り上げることで達成感を味わえます。 初心者にとって、達成感を味わえることはとても大事です。

前作よりは当然難易度も上がりますが、前作を読んでさらに学びたいと思った方にはおすすめの書籍です。

基礎からのPHP (基礎からシリーズ)

全くのプログラミング初心者が1冊目として読むのは難しいかもしれません。 他のプログラミング言語経験者なら大丈夫だと思いますが、もし難しい場合は 『いきなりはじめるPHP ワクワク・ドキドキの入門教室』の次に読むと良いでしょう。

PHPをマスターするにあたって、基本的なことはほぼ網羅されています。 ですから、この本を読みこなすことができれば初心者卒業と言えると思います。

文法説明、データベース操作、クラスの説明、簡易画像掲示板の作成を通してPHPの基礎は一通り 説明されていますから、入門書としては必要十分なレベル・分量だと思います。

もしMySQLというデータベースにも詳しくなりたい!という方は、同じ著者が書いている 『基礎からのMySQL 改訂版 (プログラマの種シリーズ SE必修! )』という書籍が おすすめです。この本もわかりやすくておおすすめです。 (ただし、MySQL本の方はページ数が500ページ以上ありますのでそれなりの気合がいります)

PHP逆引きレシピ 第2版 (PROGRAMMER’S RECiPE)

逆引きレシピも1冊紹介しておきます。 逆引きレシピというのは辞書的な使い方をします。

初心者の頃は、どうしてもちょっとした所でいちいち躓いてしまいがちです。 例えば変数、配列、関数、分岐処理、繰り返し処理、文字列操作。 このようなところで詳細を調べる必要がある場面が多々あります。 そんな時にこういった逆引きレシピがあると助かります。

辞書ですから全部を読もうとする必要はありません。 必要な時に必要な部分を見るだけです。

そのためにも、たまに目次だけを眺めて、どういった内容があるのかを 何となくでも把握しておきます。 そうすると、必要な時に目的のページが素早く探し出せます。

「ちょっとPHPをかじるだけ」という方には必要ないと思いますが、 「本格的にPHPを勉強したい」という方にはオススメです。