jQueryの入門書でおすすめの本はコレ

最終更新日:

JavaScriptを学んでいると、jQueryという言葉がよく出てきます。 jQueryというのはJavaScript用のライブラリです。 そして、jQueryを使用することで開発効率が断然良くなります。

ですから、ある程度JavaScriptを学んだら、 次にjQueryをマスターすることをおすすめします。

JavaScriptでは複数行にわたるプログラミングコードが、 jQueryでは1行で済むことがよくあります。 簡単に使えて、便利な機能が豊富にあるので多くの開発者に支持されています。

それではjQueryおすすめ本を紹介していきます。

『改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門』

これを一番最初におすすめする理由は、『説明がわかりやすい』からです。 特にjQueryの基本部分の説明が上手です。 「何かをとってきて」「何かをする」というjQueryの考え方に始まり、 セレクタ、メソッドの説明と続いていきます。

ほとんど使う機会がないと思われる細かい部分は説明していません。 重要な部分や使用頻度の高い部分に絞って解説しています。 ですから入門者には丁度良い解説量だと思います。

実践編になると少しハードルは上がりますが、 タブコンテンツ、スライドショー、アコーディオンなどを作成します。

現場での実戦経験が豊富な著者が書かれている書籍で、 jQuery入門者にはおすすめの一冊です。

jQuery レッスンブック jQuery2.X/1.X対応

この本はデジタルハリウッドというITスクールで講師をされている方が 書いた本です。 人に教える事を仕事としている方の本は、さすがに説明がわかりやすい本が多いです。

jQueryの基本事項から実践的な内容までをサンプルコードを使って、 わかりやすく解説しています。 初心者が躓きやすいエラーの対処方法(デバッグ方法)も書かれています。

初心者はもちろん、プログラミングに抵抗があるWebデザイナーの方にもオススメできる一冊です。

作りながら学ぶjQueryデザインの教科書

この本の著者はHTML、CSS、JAVASCRIPTに関する書籍を出していて、 いずれの本も高いレビュー評価を得ています。 jQueryについて書かれた本書も好評価の本です。

この本で実際に作るサンプルの一例。

  • 開閉するボックス
  • レスポンシブなナビゲーション
  • ドロップダウンメニュー
  • JSONデータの取得

このようなサンプルを作ることで基本から実践的なプログラムまでが できるような構成となっています。

『JavaScript逆引きレシピ jQuery対応』

この本は辞書的に使う逆引きレシピのJavaScript + jQuery版です。 JavaScriptの入門書のページでも紹介しましたが、jQueryのページでも紹介しておきます。

実際にプログラミングをやり始めると、やり方がわからない事が次々と出てきます。 その時に、こういった逆引きレシピが一冊手元にあると役に立ちます。

JavaScriptやjQueryを本格的にマスターしたい方にはおすすめの一冊です。