一歩ずつ学ぶ

最終更新日:

HTML5準備編: 要素、タグ、要素名等の用語を整理する

前のページでは要素を車の部品に例えて説明しました。 見てない方はぜひ一度読んでみてください。
HTML5準備編: 要素とは、車の部品に例えるとすぐわかる

要素に関連する用語として、要素名、タグ、属性といった用語があります。 今回は要素、タグ、要素名、要素内容という用語を整理していきます。

要素の範囲

h1要素を例として説明していきます。

<h1>これは見出しです</h1>

この場合、<h1>~</h1>までを要素といい、 具体的にはタグの名前からh1要素といいます。

要素

タグ、開始タグと終了タグ

ここでもh1要素を例として説明していきます。

<h1>これは見出しです</h1>

タグとは、要素の具体的な種類を決める印(マーカー)です。 この場合、<h1>と</h1>がタグ、具体的には<h1>開始タグ</h1>終了タグといいます。

タグ

要素名と要素内容

同じくh1要素を例として説明していきます。

<h1>これは見出しです</h1>

要素の具体的な種類を決める印がタグでした。 タグの中に書かれているのが要素名です。この場合はh1が要素名になります。 つまり、タグは<要素名>と記述します。

開始タグと終了タグで挟まれている内容、この場合は「これは見出しです」を 要素内容といいます。

要素名

要素を「要素名」と「要素内容」という言葉だけで表すと次のようになります。

<要素名>要素内容</要素名>

これまで出てきた用語の整理

ここで、これまで出てきた用語を整理しておきます。

<h1>これは見出しです</h1>
  • 要素: <h1>これは見出しです</h1>
  • タグ: <h1>、</h1>
  • 開始タグ: <h1>
  • 終了タグ: </h1>
  • 要素名: h1
  • 要素内容: これは見出しです

↑ PAGE TOP