<h1>-<h6> 見出しを設定する

最終更新日:

見出しはh要素で記述します(hはheadingの略)。 h1からh6までの6段階あり、h1が一番大きな大見出しとなり、 以下数値が下がるにつれて見出しのレベルが下がります。

■ HTML

<h1>h1見出しです</h1>
<h2>h2見出しです</h2>
<h3>h3見出しです</h3>
<h4>h4見出しです</h4>
<h5>h5見出しです</h5>
<h6>h6見出しです</h6>

■ 表示結果

hタグ

■ 文字の大きさは環境によって異なる

h要素の見た目が大きく表示されているのはブラウザのデフォルト設定です。 ですから使用する環境によって大きさが異なります。 通常はCSSを使ってフォントのサイズやデザインを設定します。

■ h要素は階層的に使う

h要素は見出しのレベルに応じて階層的に使用します。 例えばh1からh3まで使用する場合は次のように配置します。

  • h1
    • h2
      • h3
      • h3
    • h2
      • h3
      • h3

本の目次をイメージするとh要素の付け方がよくわかると思います。 大見出し、中見出し、小見出しのように見出しレベルに応じて階層的に使用してください。