JavaScriptとはどんなプログラム言語?

最終更新日:

JavaScriptはプログラム言語の1つです。 JavaScriptの主な目的はブラウザを操作することです。 ブラウザを操作するというのは、HTMLやCSSでできないことをする、 ということです。

もともとは上記のようにブラウザの操作が主な目的でしたが、 現在は他の目的でも使われています。 クライアント側では、ネイティブアプリケーションの開発としても使われます。 さらにnode.jsの登場により、サーバーサイドプログラムとしても使われています。

どんどん使用範囲が広くなっている人気言語です。 ですからJavaScriptをマスターしていると、自分の守備範囲が広くなります。

ブラウザを操作するとは

先ほどJavaScriptはブラウザを操作するための言語といいました。 では、ブラウザを操作するとはどういうことでしょうか?

私たちが普段使っているChrome, IE, Firefox, Edge 等のブラウザの仕事は Webページを表示することです。 WebページはHTMLやCSS等を使って表示します。

ここで大事なのはHTMLやCSSは一度表示すると内容を変更できないことです。

変更のないページならHTMLとCSSで十分なのですが、 地図を表示するページやショッピングサイトのページなど、 内容をそのつど変更する必要のあるページもたくさんあります。 内容を変更したい場合にJavaScriptを使います。

HTMLやCSSではできない機能をJavaScriptが担うのです。 ここにJavaScriptの存在の意味があります。