JavaScriptのコメント記述方法・2種類

最終更新日:

このページではJavaScriptコメントの記述方法について説明します。

コメントの記述方法は2つあります。 単一行のコメントと、複数行のコメントです。

単一行のコメントは//を使い、//から行末までの間にあるテキストをコメントとみなします。

複数行のコメントは/* から */までです。

// これが単一行のコメントです。(スラッシュ2つ)


/* これが
複数行の
コメントです */

コメントの記述場所

単一行のコメントは行頭に書く場合と、途中に書く場合があります。 どちらでもかまいませんが、見やすい方法で記述してください。


// カウンタ(行頭に書く場合) var count = 0; var total = 0; // 合計 (途中に書く場合) var tax = 0; // 税金 (途中に書く場合)

コメントアウトをデバッグに利用する

JavaScriptのコーディングをしている時に、 エラー箇所が不明なエラーが発生する場合があります。 そのような場合は、コメントアウトを使ってエラー箇所を絞り込んでいきます。

該当箇所不明のエラーが出たとします。その場合、ある程度のまとまった単位でJavaScriptのコードをコメントアウトして実行します。 そこでエラーが出なければ、コメントアウトした場所の範囲内にエラーがあることになります。 さらにコメントアウトの範囲を狭くして実行します。 こうやってどんどん絞り込んでいけばいずれはエラー箇所が見つかります。

原因不明なエラーが出た場合は、コメントアウトを利用してデバッグできることを知っておくと良いでしょう。