配列の特徴

最終更新日:

このページではJavaScript配列特徴、性質を説明します。

JavaScriptの配列の特徴を列挙すると次のようになります。

  • 配列とは、値を順序付けてまとめたもの。
  • 個々の値を要素と呼ぶ。
  • 各要素に割り当てる番号をインデックスと言う。
  • JavaScriptの配列には型がない。どの型の値でも格納できる。
  • 要素ごとに型が違っても大丈夫。
  • 配列のインデックスは0から始まり、最大は4,294,967,294。
  • JavaScriptの配列は動的なので、大きさを変更するときに再割り当てをする必要がない。
  • JavaScriptの配列は疎でもかまわない。つまり途中のインデックスが飛んでいても大丈夫。
  • JavaScriptの配列はすべてlengthプロパティを持つ。
  • JavaScriptの配列はArray.prototypeからプロパティを継承する。

配列について、これだけは抑えておきたい

上記の中でも特に抑えておきたい点を絞ると、

  • 個々の値を要素と呼ぶ。
  • 各要素に割り当てる番号をインデックスと言う。
  • インデックスは0から始まる
  • すべてlangthプロパティを持つ

最低限これだけは抑えておいてください。