多次元配列の作成方法

最終更新日:

このページではJavaScriptでの多次元配列の作り方について説明します。

JavaScriptでは多次元配列を「配列の配列」という方法で実現できます。

例として2次元配列を作ってみます。 処理の順番は次の通りです。

  • 行の配列を作る
  • 列の配列を作る
  • 配列にデータを格納する
  • 格納したデータを表示する

ポイントは、まず行の配列を作って、次に列の配列を作ることです。

var i = 0, k = 0;

// 行の配列  3行
var arr = new Array(3);   

// 列の配列  3列
for (i = 0; i < arr.length; i++){
    arr[i] = new Array(3);
}
// データを格納
for (i = 0; i < arr.length; i++){
    for (k = 0; k < arr[i].length; k++){
        arr[i][k] = i * k;
    }
}

// 表示
for (i = 0; i < arr.length; i++){
    console.log(arr[i]);
}

// 表示結果は次の通り
// [ 0, 0, 0 ]
// [ 0, 1, 2 ]
// [ 0, 2, 4 ]

なお、2次元配列のデータを表示させる場合はconsole.log()よりも console.table()を使った方が見やすくなります。

参考記事: 2次元配列の出力はconsole.tableが便利