do/while文 ループ文

最終更新日:

このページではJavaScriptループ文の1つ、do/while文について説明します。

do/while文はくり返し処理(ループ)をしたい場合の制御文の一つですが、 while文と異なるのは必ず1回はループ文の本体が実行される所です。

書式

do{
    実行文1;
    実行文2;
    実行文3;
} while (条件式);

実行文が1つしかない場合は中括弧{}が省略できます。

do
    実行文1;
while(条件式);

do/while文の注意点としては、最後にセミコロン(;)が必要な所です。 忘れがちなので注意してください。

while文と比べると、do/while文は使用頻度が少ないかもしれません。 というのも、必ず1回は実行するというループを必要とするケースがあまりないからです。

使用例

下のプログラムではカウンタの値に応じてループを抜け出すように なっています。

var count = 0;

do{
    console.log(count);
    count++;    
}while(count < 5);

// 実行結果
0
1
2
3
4