continue文

最終更新日:

このページではJavaScriptcontinue文について説明します。

continue文は次の繰り返しからループ文を再開します。 break文はループの終了、continue文はループの再開であることに注意してください。

書式

continue;

continueの後にラベル名を指定することもできます。その場合は次のとおりです。

continue ラベル名;

ループの種類による意味の違い

continue文は次の繰り返しから処理を続行するのですが、ループの処理によって意味が異なります。

whileループ
先頭で指定された条件式が評価され、その結果がtrueの場合、ループの本文を始めから実行します。
do/whileループ
ループの最後に行って、指定されている条件式が評価されます。その結果がtrueの場合、ループの先頭から再開されます。
forループ
増減式を評価してループ変数を更新します。それから条件式を評価し、次の処理を再開するかどうかを判定します。
for/inループ
次のプロパティ名から処理が再開されます。

使用例

次のプログラムは i が3の時にcontinue文を実行し、次のループへ進みます。 その結果、3だけが表示されません。

for (var i = 0; i < 5; i++){

    if (i == 3){
        continue;
    }else{
        console.log(i);
    }
}

// 実行結果
0
1
2
4