一歩ずつ学ぶ

最終更新日:

NanaTerryからMarkdown#Editorを起動する方法

アウトラインプロセッサ「NanaTerry」で記述したMarkdown文章を確認する方法として、 Markdownエディタ「Markdown#Editor」と連携させる方法があります。

★ MarkDown#Editorのサイトはコチラ

「NanaTerry」の外部エディタとして「Markdown#Editor」を登録することで、 「NanaTerry」から直接「Markdown#Editor」を起動することができます。

そうすれば、文章の管理・記述は「NanaTerry」。 HTMLの確認、取得は「Markdown#Editor」で行うことができます。

では登録の方法を紹介します。

■ NanaTerryのメニュー「ツール」->「設定」をクリック

NanaTerry-1

■ 「SearchOptionAction」画面が表示されます。「外部エディタ」タブを選択して 以下の項目を設定します。

  • エディタ -> 「Markdown#Editor」のパスを入力。
  • エンコード -> 文字コードを選択
  • 動作 -> 送るだけか、編集内容を読み込み直すかを選択します。

入力後、「OK」ボタンをクリック。

NanaTerry-2

■ 起動してみます。「ツール」->「外部エディタ(プレーンテキスト)」をクリック

NanaTerry-3

■ Markdown#Editorが起動します。

NanaTerry-4

■ ショートカットキーを設定するには、 メニュー「ツール」->「キー割付」をクリック

NanaTerry-5

■ 「キー割付」画面の「ツール」->「外部エディタ(プレーンテキスト)」を ダブルクリックします。

NanaTerry-6

■ 「割付キー入力」画面が表示されますので、設定したいキーを入力します。(例:F8)

NanaTerry-7

■ 下の画像のように「割付キー」が表示されていればOKです。

NanaTerry-8

このように設定しておくと、

  • 文章の記述方法はMarkdown記法
  • 文章の管理は「NanaTerry」
  • HTMLの確認・出力は「Markdown#Editor」

といったことが可能になります。

ブログの文章などを「NanaTerry」で管理している方には便利な手法です。

↑ PAGE TOP