Wi-Fiの通信規格

最終更新日:

このページではWi-Fi通信規格とその特徴、通信速度等について説明します。

Wi-Fiの通信規格はIEEE(アイ・トリプル・イー、電気・電子工学技術学会)によって 定められています。

主な通信規格5つ

現在使われている主な規格は5つあります。

  • IEEE802.11a
  • IEEE802.11b
  • IEEE802.11g
  • IEEE802.11n (現在主流の規格)
  • IEEE802.11ac (次世代規格)

IEEE802.11までが共通であとのアルファベットが違います。 注意点として、Wi-Fi通信を行う際は、同じ通信規格に対応した機器が必要になりますので 機器を購入前に対応通信規格を確認してください。

各通信規格の特徴

IEEE802.11a

  • 通信速度が速い
  • 対応機器が少ない
  • 混線がおきにくい

IEEE802.11b

  • 通信速度が遅い
  • 対応機器が多い
  • 古い機器でも利用できる

IEEE802.11g

  • 通信速度が速い
  • IEEE802.11bの上位規格
  • b対応の機器でも利用できる

IEEE802.11n

  • 現在主流の規格
  • 通信速度が非常に速い
  • 混線をおこしにくい
  • 安定性が高い

IEEE802.11ac

  • 次世代Wi-Fi通信規格
  • 非常に速い「n」よりも約10倍早い
  • 安定性が高い

通信速度から見た各通信規格

通信速度順に各通信規格を並べてみます。 通信速度は理論上の最大通信速度です。

通信帯域が2.4GHzの場合電波干渉を受けやすくなります。 理由は電子レンジなどの家電機器が使っている通信帯域が2.4GHzだからです。

最大通信速度 通信規格 通信帯域
11Mbps IEEE822.11b 2.4GHz
54Mbps IEEE822.11g 2.4GHz
54Mbps IEEE822.11a 5GHz
600Mbps IEEE822.11n 2.4GHz/5GHz
6,900Mbps IEEE822.11ac 5GHz