Wi-Fiと無線LANの違い

最終更新日:

このページではWi-Fi無線LAN違いについて説明します。

順番としては、まずは無線LANについて、次にWi-Fiについて、 そして両者の違いについて説明していきます。

無線LANとは

まずLANとはLocal Area Network(ローカル・エリア・ネットワーク)の略です。 例えば、皆さんの自宅や、職場、学校等の限られた狭い範囲のネットワークのことです。

そして、このローカル・エリア・ネットワークをLANケーブルを使ってつなぐのが有線LAN。 LANケーブルを使わずにつなぐのが無線LANです。

無線LAN対応の機器を使うと、LANケーブルを使うことなくデータ通信(インターネット等) が出来ます。

Wi-Fiとは

Wi-Fiとは無線を使ってデータ通信するための規格の一つであり、 無線LAN接続ができることを認証するブランド名でもあります。

昔は無線LAN対応の機器を購入してもメーカー間の技術の違いによって 接続できない等の問題がありました。

そこで「Wi-Fi Alliance」という業界団体が、 無線LAN接続ができる製品のブランド名として「Wi-Fi」を定義しました。

他社製品と互換性があると認定された製品には「Wi-Fi CERTIFIED」 と記されたマークが貼られています。

Wi-Fi CERTIFIED

Wi-Fiと無線LANの違い

最近では無線LAN = Wi-Fiという印象が強くなっていますが、 本来は無線LANという枠の中にWi-Fiがある、というイメージです。

Wi-Fi以外ではbluetoothも無線LANの枠の中にある一つです。 ですから、正確には「Wi-Fi」と「無線LAN」はイコールではありません。

だからといって他の人との会話の最中で「イコールではない!」と強く否定する必要もありませんよ。(笑)