各種Wi-Fiのメリット・デメリット

最終更新日:

このページでは各種Wi-Fiメリット・デメリットについて説明します。 Wi-Fiの種類は大きく分けると次の3つに分けられます。

  • 自宅Wi-Fiルータ
  • Wi-Fiスポット(公衆無線LANサービス)
  • モバイルWi-Fiルータ

すでにインターネットプロバイダと契約を結んでいて、 自宅でWi-Fiを利用するだけなら「自宅Wi-Fiルータ」を購入すれば良いでしょう。

自宅以外の外出先で利用するなら「Wi-Fiスポット」か「モバイルWi-Fiルータ」を 利用します。

外出先でも特定の場所、駅や飲食店等で利用するだけなら「Wi-Fiスポット」の利用で済みます。 特定の場所ではなく、どこででも利用したいなら「モバイルWi-Fiルータ」を利用する必要があります。

Wi-Fiの3種類、それぞれのメリット・デメリットまとめると次のようになります。 各種メリット・デメリットを把握した上で快適なWi-Fiライフを楽しんでください。

自宅Wi-Fiルータ

メリット

  • 自宅の中ならどこからでもインターネットにつながる。
  • Wi-Fi利用料は無料

デメリット

  • 利用できるのは自宅のみ

Wi-Fiスポット

メリット

  • 無料で利用できるWi-Fiスポットが多数ある
  • サービスの種類がたくさんあるので選択肢が多い。

デメリット

  • セキュリティ対策に不安がある。
  • 利用できる範囲が限定される。

モバイルWi-Fiルータ

メリット

  • Wi-Fiを利用できる範囲が広い

デメリット

  • Wi-Fiスポットと比較すると料金が高額。
  • モバイルWi-Fiルータのバッテリー容量に利用時間が依存する。