Wi-Fiスポットの利用上の注意点

最終更新日:

このページではWi-Fiスポット利用上の注意について説明します。

Wi-Fiスポットとは

Wi-Fiスポットとは公衆無線LANサービスとも呼ばれ、 野外でWi-Fiを使える場所のことです。 コンビニ、駅、飲食店、携帯電話会社、市町村等いろんな所にWi-Fiスポットがあります。 Wi-Fiスポットは無料・有料のサービスがあります。

利用上の注意: セキュリティについて

Wi-Fiスポットを利用する際に一番注意する点は、セキュリティの面です。 Wi-Fiスポットは多くの人達が利用できるのが前提となっています。 ですからセキュリティは最低レベルに設定されている所がほとんどです。

Wi-Fiスポットの多くは暗号化規格としてWEPを採用しています。 そして別の記事で紹介したとおり、WEPは安全性の低い規格です。

参考記事: Wi-Fiの暗号化の種類・規格について

誰でも利用できるサービスであるため、データが傍受される可能性もあります。 ですから重要なデータを送受信することはやめておきましょう。

重要なデータはSSL対応であることを確認してから

基本的にはWi-Fiスポットで重要なデータの送受信はNGです。 しかしどうしても送受信しなければならない場合もあるでしょう。

その場合は、利用サイトがSSLに対応していることを確認してから利用します。 SSLはデータを暗号化して送受信しますので、安全性が高くなります。

見分け方は、ブラウザの上の方(通常左上)に表示されているURLを見ます。 SSLに対応しているサイトはURLが「https://~」となっています。 SSLに対応していない通常のサイトは「http://~」となっています。 つまりhttpの後にsがついていれば、SSL対応のサイトです。

現在の流れとしてGoogleがSSL対応を推進していることもあり、 今後はSSL対応のサイトが増えていくと思います。

重要なデーターを送受信する場合はSSL対応サイトを利用してください。