Wi-Fiルーターを使う時に必要な情報

最終更新日:

このページではWi-Fiルーターを使う時に最低限必要な情報について説明します。

Wi-Fiルーターに接続する時に必要な情報は、「SSID」、「暗号化規格」、「セキュリティキー」です。 以下でそれぞれについて説明します。

SSID

SSIDとはアクセスポイントを示すIDで、 端末のアクセスポイント一覧に表示されます。 このアクセスポイント一覧の中から該当するSSIDを選択します。

なお、Wi-Fiルーター側で「SSIDステルス機能」が有効になっている場合があります。 その場合はアクセスポイント一覧に表示されないため、 SSIDを入力する必要があります。

暗号化規格

無線LAN通信では、機器同士で同じ暗号化規格を利用して通信します。 ですから、暗号化規格を選択する必要があります。

ただし、機器によっては自動的に選択してくれる場合もあります。 その場合は選択する必要がありません。 OSではWindows10は自動判別してくれます。

セキュリティキー

セキュリティキーは「暗号化キー」や「パスワード」と呼ばれる場合があります。 一般的になじみのある言葉として「パスワード」だと思っておけば大丈夫です。

Wi-Fiルーター側で「暗号化無し」と設定されている場合は、 セキュリティキーの入力は不要です。

上記の情報が記載されている場所

上で説明した「SSID」、「暗号化規格」、 「セキュリティキー」情報が記載されている場所について説明します。

通常は、Wi-Fiルーター本体に貼られているシールや、 製品マニュアル、付属のCD-ROMなどに記載されています。 しっかりと確認した上で使用してください。