2.4GHzと5GHzの違いと特徴

最終更新日:

このページではWi-Fiで使用される2つの周波数帯、 2.4GHz5GHzの違いとそれぞれの特徴を説明します。

周波数とは1秒間に発生する電波の波の数のことです。 「2.4 < 5」 ですから5GHzの方がほぼ倍の数の波が発生することになります。

周波数の特徴として、周波数が高いほど直進性が高く、情報量は多く、障害物に弱くなります。 反対に周波数が低いほど直進性が低く、情報量は少なく、障害物に強くなります。

メリットデメリット

2.4GHzの場合、電子レンジやBluetoothなども同じ周波数帯を使用しています。 ですから電波干渉が発生し、通信速度が低下したり、つながりにくくなる場合があります。

5GHzはほかに使用している機器が少ないため電波干渉はあまりありません。 2.4GHzに比べると情報量は多くなりますが、障害物には弱くなります。 通信距離も2.4GHzより短くなります。

現状では2.4GHzの方が対応機器が多く、汎用性が高いといえますが どちらもメリットデメリットがあります。

まとめ

上記を表にまとめると次のようになります。

  2.4GHz 5GHz
情報量 少ない 多い
障害物 強い 弱い
通信距離 長い 短い
電波干渉 多い 少ない

補足: 通信規格と使用周波数帯、最大通信速度

補足としてWi-Fiの通信規格と使用周波数帯、最大通信速度についてのせておきます。 最新の規格は一番下の11acです。

通信規格 通信帯域 最大通信速度
IEEE822.11b 2.4GHz 11Mbps
IEEE822.11g 2.4GHz 54Mbps
IEEE822.11a 5GHz 54Mbps
IEEE822.11n 2.4GHz/5GHz 600Mbps
IEEE822.11ac 5GHz 6900Mbps