phpinfo()をコマンドラインで実行する方法

最終更新日:

phpinfoコマンドラインで実行して、内容を確認したい場合があります。 Windowsで実行する場合と、Linuxで実行する場合を記述しています。

Windowsのコマンドプロンプトでphpinfo()を実行

下記のどれでも大丈夫です。短くて簡単なのは一番下のphp -iですね。

php -r phpinfo();

php -info

php -i

テキストファイルに書き出す場合

このまま実行するとリストが長くて見にくいため、 結果をテキストファイルに吐き出すようにします。 そうすれば後からテキストエディタで見れます。 同じく、下記のどれでも大丈夫です。

php -r phpinfo(); > a.txt

php -info > a.txt

php -i > a.txt

Linuxでphpinfo()を実行

Windowsの場合とほぼ同じですが、phpinfo();の部分をシングルクォーテーションで囲ってください。

php -r 'phpinfo();'

php -info

php -i

テキストファイルに書き出す場合

テキストに書き出した方があとあと便利です。

php -r 'phpinfo();' > a.txt

php -info > a.txt

php -i > a.txt

ブラウザで見る場合

コマンドラインではなくブラウザで見たい場合は、ファイルに以下のように記述します。

<?php phpinfo(); ?>

上記を記述したファイルにアクセスすれば表示されます。