Markdownで字下げ(インデント)するには

スポンサーリンク

Markdownで字下げ(インデント)する場合、Markdown記法では対応していません。 ですから自分でhtml(css)を記述してスペースをとる必要があります。
すべての段落(P要素)に対して字下げする場合と、 特定の段落に対して字下げする場合を紹介します。

字下げは"text-indent"を使用し、 どれくらいスペースを空けるかを指定します。

すべての段落で字下げ(インデント)する場合

文中の全ての段落(p要素)に対して字下げをするのなら CSSで次のように指定したほうが楽です。

以下は全ての p 要素に対して1文字分の字下げをします。

p {
  text-indent: 1em;
}

特定の段落だけ字下げ(インデント)する場合

特手の段落(p要素)だけを字下げしたい場合は、 クラス指定で対応することができます。

<p class="indent">文章</p>
.indent {
  text-indent: 1em;
}

または p 要素の中にstyle指定を埋め込む方法もあります。

<p style="text-indent:1em;">文章</p>

どちらかお好きな方法で字下げしてください。