インポート

インポートとはデータを取り込むこと

インポートとは、パソコンやスマホのアプリケーションに、 ファイルのデータを取り込むことです。

英単語のimportには「輸入・運び込む・持ち込む」といった意味があり、 そこからデータをアプリ内に取り込むことをインポートといいます。

インポートの対義語は エクスポート です。 エクスポートはパソコンやスマホのアプリケーション内のデータを、 ファイルとして出力することです。

インポート・エクスポート

インポートの目的は主に2つ

インポートを行う目的は主に2つあります。 「バックアップファイルからデータを取り込む」場合と 「他のアプリケーションからのデータを取り込む」場合です。

バックアップファイルからデータを取り込む

パソコンを新しく買い替えた場合など、 バックアップファイルからデータをインポートすることで、 スムーズにアプリケーションのデータを取り込めます。

メールソフトを例に説明すると、

① まずメールソフトのエクスポート機能を使ってデータをファイルとして出力。

② 次にエクスポートしたファイルを新しいパソコンに移行。

③ 最後に新しいパソコンにあるメールソフトで、ファイルをインポート。

これでアプリデータを新しいパソコンに移行できます。

通常は機器の予期せぬ故障に備えて、 エクスポート機能を使って定期的にバックアップファイルを作成します。 そして故障などが発生した場合は、そのバックアップファイルを用い、 データをインポートします。

他のアプリケーションからのデータを取り込む

他のアプリケーションからのデータを取り込む場合にもインポートは良く利用されます。

例として「Google Chrome」のブックマークデータを 「Firefox」にも取り込みたい場合、

①「Google Chrome」のブックマークマネージャを使って、 ブックマークをエクスポート。

② エクスポートしたファイルを「Firefox」のインポート機能でインポート。

この流れで「Google Chrome」のブックマークを「Firefox」に 取り込むことができます。 このように異なるアプリケーションのデータを取り込みたい場合にも、 エクスポート・インポートは使われます。

他にはエクセルなどの表計算ソフトで作ったデータを、 アクセスなどのデータベースソフトに取り込む場合にも利用しますし、 メールソフトを他のメールソフトに乗り換えたい場合にも使います。

画像とビデオのインポート

Windows10では スマホやデジカメの画像をパソコンに取り込むこともできます。 Windows10ではエクスプローラーの「画像とビデオのインポート」 メニューから画像やビデオをパソコンに取り込むこともできます。

この場合のインポートは、アプリケーションに取り込むのとは違い、 「画像ファイルをパソコンに取り込む」という意味になります。

インポートとダウンロードとの違い

ダウンロードはWebサーバー上にあるファイルを、 自分のパソコンやスマホに保存することです。 ダウンロードの対義語はアップロードになります。

インポートは、現在使用している機器のアプリケーションにデータを取り込むことです。 インポートの対義語は エクスポート になります。

Webサーバーにあるファイルをダウンロードして、 そのファイルをアプリにインポートしてデータを活用するケースもあります(下図)。

ダウンロードとインポートの違い