エクスポート

エクスポートとはデータをファイルに出力すること

エクスポートとは、パソコンやスマホのアプリケーション内のデータを、 ファイルとして出力することです。

英単語のexportには「輸出・外に持ち出す」という意味があり、 そこからデータを出力することをエクスポートと言います。

エクスポートの対義語はインポートです。 インポートは外部ファイルデータをパソコンやスマホのアプリケーション内に 取り込むことです。

エクスポート・インポート

エクスポートする目的は主に2つ

何のためにエクスポートするかと言うと、目的は主に2つあります。 「バックアップ」と「他のアプリデータを取り込む」ことです。

バックアップ

エクスポートでアプリデータをバックアップすると、 パソコンを新しく買い替える場合でも、 スムーズにデータを移行できます。

メールソフトを例に説明すると、

① まずメールソフトのエクスポート機能を使ってデータをファイルとして出力。

② 次にエクスポートしたファイルを新しいパソコンに移行。

③ 最後に新しいパソコンにあるメールソフトで、ファイルをインポート。

これでアプリデータを新しいパソコンに移行できます。

通常は、パソコンの予期せぬ故障に備えて、 定期的にエクスポート機能でデータのバックアップをとっておきます。 そしていざという時には、このバックアップファイルを活用して データを復活させます。

他のアプリデータを取り込む

他のアプリケーションのデータを取り込む目的でも、 エクスポートはよく使用されます。

例として「Google Chrome」のブックマークデータを 「Microsoft Edge」にも取り込みたい場合、

①「Google Chrome」のブックマークマネージャを使って、 ブックマークをエクスポートする。

② エクスポートしたファイルを「Microsoft Edge」でインポートする。

この流れで「Google Chrome」のブックマークを「Microsoft Edge」に 取り込むことができます。
このように異なるアプリケーションのデータを取り込みたい場合にも、 エクスポート・インポートは使われます。

エクスポートしたデータはどこにある?

「エクスポートしたデータがどこにあるかわからない」 という質問を受けたことがあります。

通常はエクスポートする時にファイルの保存画面が表示され、 保存する場所をとファイル名を指定できるようになっています。 直ぐに保存ボタンを押さずに、 ファイルの保存画面上部に表示されている保存場所を確認してから 保存してください。

エクスポートファイルの保存画面

動画のエクスポートとは

動画でもエクスポートという用語が使われます。 動画のエクスポートとは、スマホなどで撮影した動画を、 パソコンや他のスマホでも見れる形式にして保存することです。

動画にはたくさんのファイル形式があるため、 他の端末では再生できない場合もあります。 一番無難な選択肢は「.mp4」形式でエクスポートすることです。

ダウンロードとの違い

エクスポートと勘違いしやすい用語として 「ダウンロード」があります。

ダウンロードは、Webサーバー上にあるファイルを、 自分のパソコンやスマホに保存することです。 ダウンロードの対義語はアップロードになります。

エクスポートは、Webサーバーではなく、 現在使用している端末のアプリケーションのデータをファイルとして出力(保存) することです。 エクスポートの対義語はインポートになります。

エクスポートとダウンロードの違い