エンコード(encode)

データを別の形式に変換すること

エンコード(encode)とは、 データを別の形式に変換することです。

encodeには「コード化する、符号化する、暗号化する」といった意味があります。 エンコードは人間がわかる形式のデータを、 コンピュータがわかる形式のデータに変換することです。

対比語として「デコード」があります。 デコードはエンコードの反対で、 変換されたデータを元の形式に戻すことです。 エンコード・デコードの関係は下図のようになります。

エンコード・デコード

エンコードするための機器やソフトウェアを「エンコーダ」、 デコードするための機器やソフトウェアを「デコーダ」ともいいます。

エンコードという言葉は「〇〇エンコード」という形で いろいろな場面で使われます。 ここでは使われる場面の多い 「動画エンコード」「文字エンコード」「URLエンコード」 について簡単に説明します。

動画エンコード

動画エンコードとは、動画ファイルを圧縮・変換することです

動画は映像データと音声データからてきていて、 そのままだと膨大なファイルサイズになります。 そこで動画エンコードによってサイズを10分の1以下に圧縮し、 さらに、TVやインターネットなどの環境で見れるように 変換する必要があります。

動画を圧縮するアルゴリズムのことを「コーデック(Codec)」といい、 コーデックによって圧縮率が異なります。

最終的に動画ファイルは「.mp4」「.avi」「.wmv」「.mov」 などのファイル形式に変換されます。

動画エンコード

文字エンコード

文字エンコードとは、 「あ」「い」などの文字データを、 コンピュータがわかる形式のデータ(文字コード)に変換することです。 「文字エンコーディング」とも言い、 「UTF-8」「EUC」「Shift-JIS」など多数の変換方法があります。

例えば、文字データ「あ」を文字エンコーディング UTF-8でエンコードすると、 文字コード「E38182」になります。(下図参照)

文字エンコーディング

文字エンコーディング「UTF-8」「EUC」「Shift-JIS」それぞれの、 「あ」の文字コードは次の通りです。

文字エンコーディング文字コード
UTF-8E38182
EUCA4A2
ShiftJIS82A0

画面に文字を表示する場合(デコードの場合)、 コンピュータは文字コード「E38182」を読み取り、 文字コードに該当する文字「あ」を表示します。 この時に文字エンコーディングの指定を間違うと、 「文字化け」が発生します。

URLエンコード

URLエンコードとは、 インターネット上の住所のことです。
例えば「https://www.google.co.jp/」のような文字列です。
URLとして指定できる文字は限られていて、 日本語は指定できません

そこで日本語等のURLとして指定できない文字を、 指定可能な形式に変換することをURLエンコードといいます。

例えば次のようなURLの場合、
「https://www.google.com/search?q=

URLエンコード(UTF-8)すると次のようになります。
「https://www.google.com/search?q=%E6%9C%9D

「朝」は「%E6%9C%9D」に変換され、「あ」は「%E3%81%82」に変換されます。 このように「%」のついた文字に変換することから、 URLエンコードを「パーセントエンコーディング」と呼ぶこともあります。