互換性

互換性とは換えが利くかどうか

互換性とは、他と換えが利くかどうかで、 換えが利くとは異なる環境でも同じように動作することを意味します。 英語では「Compatibility」です。
「互換性がある」とは換えが利くことで、 「互換性がない」とは換えが利かないことです。

ハードウェアやOS、ソフトウェアなど いろいろな場面で使われるため、それぞれについて説明します。

互換性を理解するには 「横の互換性」と「縦の互換性」を意識しておくと わかりやすくなります。

互換性

ハードウェア

ハードウェアの場合、 「横の互換性」は異なるハードウェア(機器)で動作するかどうかです。 メーカーの違う機器やメーカーは同じでも異なる種類の機器で動作する場合は 互換性があるといいます。

「縦の互換性」は同じハードウェア(機器)でもバージョンが異なる場合に 動作するかを意味します。例えばゲーム機器のPS4で動作していた機器が PS5でも動作する場合は互換性があるといいます。

OS

OSの場合、「横の互換性」は WindowsやMac、Linuxなどの違うOSで動作するかどうかです。

「縦の互換性」は同じOSの異なるバージョンでも動作するかの意味で 使います。 例えば、Windows7で動いていたソフトがWindows10でも 動作する場合は「互換性がある」といいます。

ソフトウェア

ソフトウェアの場合、 「横の互換性」は異なるソフトウェアで動作するかどうかです。 互換性のあるソフトウェアの例として、 表計算ソフトのExcelで作成したデータは、 OpenOfficeの表計算ソフト「Calc」でも編集することができます。

「縦の互換性」は同じソフトウェアの異なるバージョンでも 動作するかを意味します。バージョンアップした結果、 これまで使えてた機能やデータも問題なく使える場合 「互換性がある」といいます。

上位互換性と下位互換性

互換性に関連する用語として、上位互換性・下位互換性という言葉も よく使われます。
これまでの説明でいうと「縦の互換性」が上位互換性・下位互換性にあたります。

ゲームで例えてみると、 最新(上位)のゲーム機で使えるソフトが、 古い(下位)のゲーム機でも動作する場合、 下位互換性があるといいます。
逆に、古い(下位)のゲーム機で使っていたソフトが、 最新(上位)のゲーム機でも使える場合、 上位互換性があるといいます。

上位互換性・下位互換性

上位互換性・下位互換性はゲーム以外でも、ソフトウェアのバージョンの違いなど、 いろいろな場面で使われます。

その場合、「上位が新しくて下位が古い」または 「上位がグレードが高くて、下位がグレードが低い」 と意識しておいてください。