スクリプト

スクリプトとは比較的簡単に記述・実行できるプログラム

スクリプトとは、比較的簡単に記述できて、 コンパイルを必要とせずに即座に実行できるプログラムのことです。

「script」には映画・演劇・放送の台本といった意味がありますが、 IT分野では比較的簡単に記述・実行できるプログラムのことを スクリプトといいます。
そしてスクリプトを記述できるプログラミング言語のことをスクリプト言語といいます。

通常、プログラムの作成は次の工程からなります。

  1. プログラミング(ソースコードの記述)
  2. コンパイル
  3. 実行

ですがスクリプトの場合は、コンパイルが不要なので工程が1つ減り即座に実行できます。

  1. プログラミング(ソースコードの記述)
  2. 実行

スクリプトとインタプリタ型言語に関する誤解

プログラミング言語は大きく2つに分かれます。 コンパイル型言語と、インタプリタ型言語です。

プログラムをコンパイルしてから実行するのがコンパイル型言語、 コンパイルが不要でインタプリタで即時実行するのがインタプリタ型言語です。

そしてインタプリタ型言語で作ったプログラムの中でも、 比較的簡単に記述できるプログラムをスクリプトといいます。 逆にある程度複雑で本格的なプログラムはスクリプトとは呼びません。

例えば、個人レベルで簡単に開発できるようなプログラムをスクリプトといい、 複数人数で作成したWebサービスなどの本格的なプログラムはスクリプトとはいいません。

多くのネット情報で、 「コンパイルが不要のプログラム」イコール「スクリプト」という表現を見かけますが、 実際は「コンパイルが不要のプログラム」プラス「比較的簡単に記述できるプログラム」 が「スクリプト」です。

スクリプトの記述によく使われる言語

スクリプト言語

スクリプトが記述できる言語(スクリプト言語)として、 よく使われるプログラミング言語には、 次のようなものがあります。

JavaScript

JavaScriptはブラウザ上で動作するプログラミング言語で、 Webページに動きを加えたい場合に使用します。 Webクライアントサイドのスクリプト言語としては最も使われている言語です。

JavaScriptはエディタとブラウザさえあれば簡単に実行できます。

PHP

PHPはWebアプリケーションで多く使われているプログラミング言語です。 習得が容易で初心者でもマスターしやすい言語なので人気があります。

有名なCMSコンテンツの1つであるWordPressもPHPを使って開発されています。

Python

Pythonも初心者がマスターしやすい言語です。 AIのプログラムを作成するのにも適した言語なので、 近年非常に人気が高まっています。

AIから統計解析、Webアプリケーションなど、 いろいろな分野で使われています。

Ruby

Rubyは日本人のまつもとゆきひろ氏が開発した言語で、 実用性と楽しさを併せ持ったスクリプト言語として人気があります。

RubyにはRuby on Railsという強力なフレームワークがあり、 Ruby on Railsを利用することで、 本格的なWebアプリケーションが短期間で開発できることから、 スタートアップ企業などでよく採用されています。