DATファイル

DATファイルとは拡張子が「.dat」のデータファイル

DATファイルとはファイルの拡張子が「.dat」のファイルです。 DATは「DATA(データ)」の略で、一般的にはデータが格納されています。

データが格納されていても、そのデータ形式に汎用性はなく、 ソフトウェア開発者が独自に決めた形式で保存されています。 ですから拡張子が同じ「.dat」ファイルといっても、 その中身はファイルによって全く異なるため互換性はありません。

DATファイルの特殊性

バイナリデータ

通常は拡張子を見ると、どんなデータでどのアプリケーションで開けばいいのかがわかります。 例えば「.txt」なら テキストファイルで、 テキストエディタで開けます。 「.xlsx」ならエクセル形式のファイルで、エクセルで開けます。

ところが「.dat」ファイルはソフトウェア開発者が 独自に決めたデータが入っているため、特定のアプリケーションとは結び付きません。 テキストデータの場合もありますし、バイナリデータの場合もあります。 テキストデータの場合はメモ帳などのテキストエディタで見ることができますが、 バイナリデータの場合はテキストエディタで開いても、 文字化けのように表示されるだけで全く中身がわかりません。

拡張子だけではどんなデータなのか判断できない」という点で、 他のファイルと比べてDATファイルは特殊なファイル形式と言えます。

winmail.datという添付ファイル

メールで「winmail.dat」と名前のついた添付ファイルが送られてくる場合があります。 これはMicrosoft社製のOutlookやExchangeというメールソフトの中でも古いバージョンで メールが送信された場合、このような事象がおきます。

テキスト形式ではなく、リッチテキスト形式(文字装飾ができる形式)で メールを送信した場合に本文が表示されずに、 「winmail.dat」と名前のついたDATファイルが添付されます。

このDATファイルを開くには「winmail.dat ビューア」 「winmail.dat 変換ツール」などの用語でググってください。

Apple製品で「winmail.dat」ファイルを開く場合

Macパソコンだけでなく、 スマホのiPhoneでもwinmail.datファイルを開くことができます。 Appleのサポートページに情報があるのでリンクを貼っておきます。

メールに「winmail.dat」が添付されている場合 - Apple サポート