パラメータ(parameter)

パラメータとは変更可能な外部要素

パラメータ(parameter)とは、外部から投入される変更可能な要素で、 システムやソフトウェアの動作・結果に影響を与えます。

パラメータという言葉は数学、統計学、情報工学(プログラミング)、 マーケティング、デジタル広告、コンピュータゲームなど、 いろいろな分野で使われています。
それぞれの分野でパラメータの意味合いが違ってくるのですが、 共通点を抜き出すと次のようになります。

  • 変更可能
  • 外部から投入される
  • システムなどの動作や結果に影響を与える

パラメータ

関数(プログラミング)のパラメータ

プログラミングおいて関数とは、与えられた値を元に 何らかの計算や処理を行い、その結果を呼び出し元に返すものです。

関数部分で 「値を受け取るために宣言された変数」のことをパラメータといいます。 ただし関数の定義部分であるため、パラメータのことを「仮引数」とも言い、 実際に関数に渡す値のことを「実引数」といいます。

以下の実際のプログラムを見た方がわかりやすいと思います。
関数定義部分で定義されている「a」と「b」が「パラメータ(仮引数)」で、 関数呼び出し部分の「10」と「20」の具体的な値が「引数(実引数)」です。

// 関数定義
function plus(a, b) {
	return a + b;
}

// 関数呼び出し
re = plus(10, 20);

URLパラメータ

URLパラメータとは、URLの末尾に加える変数です。
Webサーバー側に何かしらの情報を渡すために使用し、 Web開発だけでなく、マーケティングやデジタル広告の分野でも 使用される用語です。

URLはインターネット上のアドレスとも言い、 通常は次のような表記になります。

https://sample.com/page1.html

この通常表記のURLの後に「?(クエスチョンマーク)」を付けて、 「パラメータ=値」の形式で記述するのがURLパラメータです。

https://sample.com/page1.html?number=5

パラメータが複数ある場合は&(アンパサンド)でつなぎます。

https://sample.com/page1.html?number=5&color=red

URLパラメータは アクティブパラメータパッシブパラメータに分けられます。

アクティブパラメータ

アクティブパラメータは、指定したパラメータの値によって、 表示されるコンテンツの内容が変わるパラメータのことです。

例えば、google検索結果のURLパラメータに「num=100」を加えると、 検索結果が100件表示されるようになります。

パッシブパラメータ

パッシブパラメータは、サーバー側のプログラムが内部的に使用するパラメータで、 パラメータの値によって表示されるコンテンツの内容は変わりません。
アクセス解析ツールなどでパッシブパラメータが使用されています。