クエリ(query)

クエリとはデータベースに対する処理命令

クエリ(query)とは、データベースからデータを取得したり、 データベースを操作するための処理命令のことです。

英単語「query」には「質問、疑問、問い合わせ」の意味があり、 IT分野では「問い合わせ」と訳すケースが多いです。

「クエリ(問い合わせ)」自体は抽象的な言葉なので、 処理命令を実行するための具体的な言語として「問い合わせ言語」があります。 リレーショナルデータベース(RDB)で使用される問い合わせ言語が「SQL」、 XMLデータベースで使用される問い合わせ言語が「XQuery」です。

一般的には「クエリ」と言った場合、 SQLによるクエリ、つまり「SQLクエリ」のことを指します。

SQL(エスキューエル)

データベース

データベースにも複数の種類があり、 現在最も普及しているのがリレーショナルデータベース(RDB/RDBMS)です。

SQL(Structured Query Language)とは、 リレーショナルデータベースで、データを抽出したり、 データベースを操作するための問い合わせ言語(Query Language)です。 ISO(国際標準化機構)によって規格化されています。

例えば、 あるテーブルからデータを全部取得したい場合は次のようなSQL文を記述します。

SELECT * FROM テーブル名

「Query Language」とあるように、SQLは「問い合わせ言語」であって、 プログラミング言語ではありませんが、 データベースを扱う技術者にとっては必須の言語です。

検索クエリ

検索エンジン

WebマーケティングやWeb広告の分野では 「検索クエリ」という言葉がよく使われます。
「検索クエリ」とはGoogleやYahoo!、Bingなどの検索エンジンに 入力する言葉のことです。

注意点として、WebマーケティングやWeb広告の分野では 次の2つの言葉「検索クエリ」と「キーワード」を明確に区別しています。

  • 検索クエリ: 検索ユーザーが入力する言葉
  • キーワード: 広告主が広告を設定するための言葉

Excelのクエリ

表計算ソフトのExcelには「クエリ」という機能があります。

クエリ機能を使うと、外部のデータに対して問い合わせを行い、 必要なデータをエクセルシート内に取り込むことができます。

Web上のデータやAccess、SQL Server、 Oracle等のデータベースのデータなど、 いろいろなデータをエクセルに取り込むことが可能です。

Accessのクエリ

データベースソフトのAccessでは、 テーブルのデータを操作するためのオブジェクトを「クエリ」と言います。

「選択クエリ」「アクションクエリ」「クロス集計クエリ」「SQLクエリ」など、 多数のクエリ(オブジェクト)があります。