タスクバー

タスクバーとはデスクトップ画面の最下部にある操作領域

タスクバーとは、Windows OSのデスクトップ画面の最下部に表示されている、 帯状の操作領域のことです。

タスクバー

タスクバーにはスタートボタン、 起動中のソフトウェア、通知領域があります。
Windows95以降から表示されている操作領域で、 デフォルトでは画面の最下部に表示されていますが、 設定を変更することで画面の上・下・右・左のいずれかに移動することもできます。

スタートボタン

スタートボタンは一番左端にあるWindowsのボタンです。

スタートボタン

スタートボタンからパソコンのシャットダウン、再起動、ユーザーの切り替え、 アプリケーションの選択、設定画面表示など、さまざまな操作が行えます。

左クリックするとスタート画面が表示され、右クリックするとメニューが表示されます。

起動中のソフトウェア

タスクバーの真ん中の領域には、起動中のソフトウェアのアイコンが表示されます。
複数のソフトを起動している場合、 タスクバーのアイコンをクリックすることで、 アクティブにするソフトを切り替えることができます。

アイコンだけを表示したり、、 アイコン+タイトルを表示することもできます。

通知領域

タスクバーの右端の領域を「通知領域」といいます。 以前は「タスクトレイ」と言われていましたが、 現在は「通知領域」と言います。

通知領域

通知領域には現在日時やIME、常駐ソフトなどのアイコンが表示されています。

現在日時をクリックするとカレンダーが表示されます。 IMEを右クリックすると、入力モードの選択や、 単語の追加など、IMEに関する様々な機能が表示されます。

常駐ソフトのアイコンとして、音量調整(スピーカー)や電源、 ネットワークなど様々な常駐ソフトのアイコンが表示されます。 上向き矢印部分クリックすると、タスクバーに収まりきれない 常駐ソフトのアイコンが表示されます。
常駐ソフト

タスクバーのカスタマイズ

タスクバーをカスタマイズする方法を紹介します。

タスクバーの何も表示されていない部分を右クリックし、 「タスクバーの設定」をクリック。

タスクバーの設定

タスクバーの設定画面が表示されます。この画面でカスタマイズできます。

タスクバーの設定画面

タスクバーを移動する

タスクバーを移動したい場合は、 「画面上のタスクバーの位置」で設定します。
ドロップダウンリストをクリックすると「左・右・上・下」と 表示されるので、移動したい位置を選択します。

タスクバーを移動する

タスクバーを隠す

タスクバーを自動的に隠したい場合は、 「デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠す」をオンにします。
オンにした場合、自動的にタスクバーが隠れます。 マウスカーソルがタスクバー領域にある時だけ、 タスクバーが表示されます。

タブレットモードで使っている場合は 「タブレットモードでタスクバーを自動的に隠す」をオンにします。

タスクバーを隠す