スワイプ(swipe)

iPhoneやAndroidといったスマートフォン画面などの、 タッチスクリーン画面を操作する方法の1つに「スワイプ」があります。
この記事では「スワイプ」の説明と、 間違えやすい「フリック」や「ドラッグ」との違いについて解説しています。

スワイプとは画面に触れたまま、指先をすべらせる動作

スワイプ(swipe)とは、タッチスクリーンの画面に指で触れたまま、 指先を上下左右に滑らせる動作のことです。 擬音語を使うと「スーッ」と滑らせる操作になります。

スワイプの動作

ホーム画面を遷移したり、ブラウザで前のページに戻ったり、 画面全体に対する操作がスワイプです。

英単語「swipe」には「強打する、大振りで打つ」の他にも 「カードを機械に通す」という意味があります。 カードを機械に通すときには「スーッ」とカードを滑らせます。 その動作と似ていることから「スワイプ」が指先を滑らせる動作として 使われています。

スワイプと間違えやすい操作として 「フリック」と「ドラッグ」があります。

フリック(flick)

フリックは画面を指で上下左右に素早くはじく動作です。 スワイプよりも画面に触れている時間や距離が短く、 擬音語を使うと「サッ」とはじく操作になります。

フリックの動作

文字を入力するときのフリック入力や、 画面を素早くスクロールさせたい場合に行う動作です。

ドラッグ(drag)

ドラッグはスワイプと同じように画面を指で触れたまま、 指先を上下左右に滑らせます。

ただしドラッグの場合は、アイコンなどの特定の対象物を 移動させる場合に行う動作です。 ですから指先が触れるのは特定の対象物です。 一方スワイプは特定の対象物ではなく、 画面全体をスライドさせたりする動作なので、 指先が触れる箇所はどこでもかまいません。

スワイプを使う場面

ホーム画面の遷移

ホーム画面

スマホなどの端末で使用するアプリの数が多くなると、 1つのホーム画面だけではアプリが表示しきれなくなり、 別の画面に表示されるようになります。

ホーム画面を切り替えるときに、 スワイプを使って目的のアプリがある画面まで遷移します。

アプリを終了する

アプリを終了させたい場合、閉じるボタンをタップする以外に、 スワイプで終了させることもできます。

閉じるボタンが表示されている状態で、 終了したいアプリを上下左右いずれかにスワイプすると終了します。

閉じるボタンが表示されている状態にするには、 Androidは画面下にある一番右のボタンをタップします。 iPhoneは丸いボタンをクリックするか、 画面下のバーをスワイプします。

通知パネルを表示する

画面上から下に向かってスワイプすると、 通知パネル(コントロールセンター)が表示されます。

iPhone X以降では画面右上から下にスワイプします。

ブラウザの「戻る」「進む」

iPhoneと一部のAndroid端末では、 「Safari」や「Chrome」の「戻る」「進む」の操作を、 スワイプで行うことができます。

「戻る」は左から右、「進む」は右から左です。