ブレードサーバー

ブレードサーバーとは

ブレードサーバー(blade server)とは、 ブレードと呼ばれる複数の薄いサーバーの集合体です。

サーバーの形状としてはタワー型サーバー、 ラックマウント型サーバーに次ぐ第三の形状(フォームファクタ)になります。

ブレードサーバーは2つの部分に分かれています。 ブレードと呼ばれるサーバーと、 エンクロージャーと呼ばれるブレードを格納する筐体(ケース)です。

英単語「blade」には「刃」の意味があり、 サーバー部分が「刃」のように薄く、 抜き差しできることからブレードと名付けられました。 ブレードにはCPU・メモリ・ハードディスクなどのコンピュータの主要部品が 取り付けられており、「サーバーブレード」ともいいます。

エンクロージャーはブレードを格納する筐体(ケース)で、「シャーシ」とも言われ、 電源やファン、外部のI/O機器はエンクロージャーに搭載されています。

ブレードサーバー

(画像: https://www.flickr.com/photos/jemimus/74452762/)

ラックサーバーとブレードサーバーの違い

ラックサーバー(ラックマウント型サーバー)は、 1台1台が独立したサーバーで、 それぞれのマシンにCPU・メモリ・ハードディスク・電源・ファンなどの サーバーとして必要なハードウェアが組み込まれています。

一方、ブレードサーバーはブレードとエンクロージャーに分かれていて、 ブレードにCPU・メモリ・HD等が搭載され、 エンクロージャーには電源やファンがあります。 ですからブレード1台だけではサーバーとして機能せず、 ブレードをエンクロージャーに格納することで機能します。

ブレードサーバーのメリット

省スペース化

サーバーブレード(サーバー部分)はマザーボードを中心とした コンピュータの主要部品で構成されていて、 電源やファンなどの部品はエンクロージャーで共有します。

そのため、タワー型サーバーはもちろん、 ラックマウント型サーバーと比較しても大幅な省スペース化となります。

大まかな目安としては、タワー型サーバーと比べて約80%削減、 ラックマウント型サーバーと比べて約40%削減の効果があります。

省電力化

タワー型サーバーやラックマウント型サーバーは、 1台ずつにそれぞれ電源やファンがついていますが、 ブレードサーバーは電源やファンをエンクロージャーで共有するため 省電力化になります。

目安としてはラックマウント型サーバーと比較して約40%削減になります。

配線数の減少

ケーブル減少

エンクロージャー部分に電源やI/O機器が共有されますから、 必要な配線数も減少します。

目安としてはラックマウント型サーバーと比較して約80%削減になります。

メンテナンス性の向上

ブレードサーバーは、サーバー部分と周辺機器部分が分離されていて、 配線の数も少ないためにメンテナンス性が向上します。

ハードウェアの故障時でも、 部品交換対応が他の形状のサーバーに比べると優位になります。

ブレードサーバーのデメリットは?

ブレードサーバーは複数のサーバーの集合体ですから、 大企業やデータセンターなどの大規模な処理能力を必要としている所が 前提となります。

ですから、それほどサーバーの数を必要としない中小企業にとっては 購入しても高く付く可能性があり、 ブレードサーバーを導入するメリットはあまりありません。