HTML

HTMLとはハイパーリンク機能を備え、タグで文書構造を示す言語

HTMLとは、クリックするだけで 別の文書へジャンプできる ハイパーリンク 機能を備え、 タグと呼ばれる印を付けて文書構造を示すマークアップ言語のことです。
インターネット で利用されている WWW(Web) 用のドキュメントを記述するために使用されます。

HTMLは「Hyper Text Markup Language」の略で、2つの部分に分かれます。

  • Hyper Text(ハイパーテキスト)
  • Markup Language(マークアップ言語)

この2つの意味を合わせたものがHTMLなので、 それぞれを解説します。

Hyper Text(ハイパーテキスト)

ハイパーテキストとは、 ハイパーリンク機能をもつ文書です。

ハイパーリンク とはリンク部分をクリックすると、 別のページへジャンプできる仕組みです。 主にインターネットのWWWというドキュメントシステムで使われています。

Markup Language(マークアップ言語)とタグ

マークアップ言語

マークアップ言語は、タグと呼ばれる記号を文書中に埋め込むことで、 文書の構造や意味を示す言語です。
HTML以外にもXMLやSGMLも最後に「ML(Markup Language)」 とあるようにマークアップ言語です。(プログラミング言語ではありません)

例えば、HTMLで文章のタイトルを付ける場合は次のように記述します。

<title>見出し文言</title>

最初と最後についている <title> と </title> がタグと呼ばれる記号(印)です。

こうしたタグを文書中に埋め込んで、 タイトル・見出し・本文・メニューといった文書の構造がわかるように記述します。

HTMLファイルとWebブラウザ

ブラウザ

HTMLで記述したファイルをHTMLファイルと言いますが、 中身はただの テキストファイル です。 ですからメモ帳などの テキストエディタ で開いたり編集することができます。

このHTMLファイルを Webブラウザで開くと タグで指定した文書構造に基づいて、見やすく表示されます。
Webブラウザは、Webサーバーとの間で「HTTP」という 通信プロトコル を使って Webページを取得し、表示します。

もしHTMLファイルのソースコードを見たい場合は、 ブラウザの画面上で右クリックして、 「ページのソースを表示」をクリックしてください。 HTMLファイルの中身を見ることができます。

CSS

CSS(Cascading Style Sheets)はスタイルシートと呼ばれ、 Webページのスタイル(装飾)を担当するスタイルシート言語です。 文字の大きさ、文字や背景の色、ページのレイアウト調整を行います。

HTMLで文書構造を表し、CSSで見栄えを良くするというように、 役割が分担されています。

昔はHTMLが装飾も兼ねているWebページがたくさんありました。 しかし開発効率やメンテナンス性を考慮して、 現在ではHTMLとCSSで役割分担をするのが普通です。

JavaScript

JavaScriptは、 Webページに動きをつけるために使われるプログラミング言語です。 HTMLの中に組み込む形で使用します。

HTMLで記述できるのは、基本的に動きのない静的なページです。 クリックするとスライドして表示されるメニューのように、 Webページに動きを付けたい場合はJavaScriptを使用します。

HTMLとCSS、JavaScriptの関係

HTML・CSS・JavaScript

現在のWebページのほとんどは、 HTML・CSS・JavaScriptを使って作られています。

  • HTML:文書構造
  • CSS:文書の見栄え
  • JavaScript:動きを付ける

ベースとなるのはあくまでHTMLですが、 上ような役割分担で文書が作成されています。