秀丸マクロ: ファイル操作

ファイル関連のキーワード

ファイル関連のキーワードを紹介します。

編集中のファイルについて

キーワード説明
filenameフルパス(小文字に変換)
filename2フルパス(変換なし)
basenameファイル名のみ(小文字に変換)
basename2ファイル名のみ(変換なし)
directoryカレントフォルダ(小文字に変換)
directory2カレントフォルダ(変換なし)

ファイル「d:\test\sample.txt」
のそれぞれの値を取得してみます。

message filename;  // d:\test\sample.txt

message directory; // d:\test

message basename;  // sample.txt

実行中のマクロファイルについて

キーワード説明
currentmacrofilenameフルパス(小文字)
currentmacrobasenameファイル名(小文字)
currentmacrodirectoryカレントフォルダ(小文字)

他にもキーワードはたくさんありますので、 必要な方は以下を参照してください。

参考: ファイル名関連キーワード

ファイルを開く

ファイルを開く場合は openfile 文を使います。
パス指定する場合は「\」ではなくエスケープして 「\\」と記述してください。

// ファイル名のみ指定
$fname = "sample.txt";

openfile $fname;

// パスを指定
$fname = "d:\\test\\sample.txt";

openfile $fname;

// 文字コードを指定
openfile "sample.txt", utf8;

主な文字コードの指定方法は次の通りです。

指定方法文字コード
utf8UTF8
sjisShift-JIS
eucEUC
unicodeUnicode(UTF-16)

新規ファイルを開く

新規ファイルを開く場合は次のように指定します。

openfile "";

ステルスモードで新規ウィンドウを開く

ファイルをステルスモード(見えない状態)で開くと、 画面に表示されないためマクロが高速で実行できます。


// ステルスモードでファイルを開く
openfile "/h " + $filename;


// ステルスモードで新規ウィンドウを開く
openfile "/h";

//