CSS: 要素の表示形式を指定 display

要素の表示形式、(インラインボックスや、ブロックボックス等)を指定する場合、 「display」プロパティを使用します。

関連記事: block, inline, inline-block の違い

display 使用例

display: block;
display: inline;
display: inline-block;
display: list-item;
display: none;
説明
block ブロックボックスとして表示。
inline インラインボックスとして表示。
inline-block インラインレベルのブロックボックスとして表示。
list-item リスト項目として表示。通常のブロックボックスと、マーカー用のボックスを生成します。
none 表示しない。ボックスそのものが生成されず、レイアウトにも影響ありません。

以下は使用頻度は低いですが、指定できる値なので載せておきます。

説明
run-in ランインボックスとして表示
table table要素として表示
inline-table table要素要素として表示
table-row-group tbody要素として表示
table-header-group thead要素として表示
table-footer-group tfoot要素として表示
table-row tr要素として表示
table-column-group colgroup要素として表示
table-column col要素として表示
table-cell td, th要素として表示
table-caption caption要素として表示