CSS: position ボックスの配置方法を指定する

ボックスの配置方法を指定するには position プロパティを使用します。 指定できる値には、static(通常)、relative(相対)、absolute(絶対)、fixed(固定)があります。

position プロパティ 使用例


position: static;
position: relative;
position: absolute;
position: fixed;

説明
static 通常通りの配置。 static を指定した場合は top、bottom、left、right プロパティは適用されません。
relative 相対的な配置。通常通りに配置された場合の位置から、指定した値の分を移動します。 このあとに続くボックスは、このボックスが通常通りに配置されたものとして配置されます。
absolute 絶対的な配置。このボックスの包含ブロックを基準として、指定した値の分を移動します。 absolute を指定した場合は独立した配置となり、他の要素の配置には影響しません。
fixed 固定配置。ウィンドウの表示領域を基準とし、指定した値の分を移動します。 固定ですからスクロールしても移動しません。 独立した配置となり、他の要素の配置には影響しません。