JavaScript: キーコード(keyCode)を取得する

入力されたキーコードを取得して、キーコードに応じた処理をしたい時は、 次のような方法でキーコードを取得できます。

コード例

window.onload = function(){

    // keyup時
    window.onkeyup = keyCheck;
    
}

// イベントハンドラ
function keyCheck(e){
    console.log(e.keyCode);
    
    // keyCodeに応じた処理
    switch(e.keyCode){
        // left
        case 37:
            // 処理
            break;
            
        // up
        case 38:
            // 処理
            break;
    }
}

上のコードではwindowオブジェクトのonkeyupプロパティにイベントハンドラを登録します。 keydown時に処理をしたければ「window.onkeydown = keyCheck」とします。

「window.onkeyup = keyCheck;」はwindowを省略して「onkeyup = keyCheck;」でも構いません。 自分の好きな方で記述してください。

イベントハンドラ内で「e.keyCode」でキーコードが取得できます。 キーコードに応じた処理を記述するには、switch文やif文を使って処理を分岐させます。