JavaScript: trim() 文字列の前後の空白を取り除く

trim()メソッドは、文字列の前後の空白を取り除きます。
空白文字にはスペースやタブ、改行コードも含まれます。

trim()は空白を取り除いた結果を返すだけで、文字列自身の値は変わりません。

書式


str.trim()

コード例

下のコード例で、変数str自身の値は変わらないことや、 タブや改行コードも取り除かれていることが確認できます。


var str = '   abc   ';
console.log(str.trim());  // 'abc'
console.log(str);         // '   abc   '  str自身の値は変わらない


var str = ' \t   abc  \n';
console.log(str.trim());  // 'abc' タブや改行コードも取り除く