Markdownエディタ - おすすめを6つ紹介

Markdownエディタを紹介

Visual Studio Code

Visual Studio Code

Visual Studio Code』は、マイクロソフトが開発したコード編集に特化した 無償のエディタです。 クロスプラットフォームのコードエディタで、Windows,Mac,Linuxに対応しています。

Markdownのプレビュー機能もデフォルトで付いて、 HTMLへの書き出しはプラグインを導入することで簡単にできます。

★ Visual Studio Codeのサイトはコチラ

Brackets

Brackets

Brackets』はAdobe Systemsが開発したウェブ製作用テキストエディタです。 クロスプラットフォーム対応で、Windows、Mac、Linuxなどで使ます。 主要な言語約30種類以上をサポートしています。

Markdownをより便利につかうには拡張機能「Markdown Preview」をインストールすると、 プレビュー画面で確認しながら記述できます。

「Markdown Preview」を使う場合、ファイルの拡張子は".md"、".markdown"としてください。

他にもスニペット、ミニマップ、emmet等、インストールすると便利な拡張機能がたくさんありますので、markdown以外でも使用価値のあるエディタです。

★ Bracketsのサイトはコチラ

Atom

Atom

Atom』はGitHubが開発したテキストエディタです。 クロスプラットフォーム対応なのでWindows、Mac、Linuxなどで使えます。

Atomをインストールすると、デフォルトでMarkdownのプレビュー機能がついています。 「Ctrl+Shift+M」でプレビュー画面が表示。 プレビュー画面の右クリックメニューでHTMLをコピーしたり、セーブしたりもできます。

さまざまなプログラム言語に対応していて、パッケージも多数つくられているおすすめのエディタです。

★ Atomのサイトはコチラ

MarkDown#Editor

MarkDown#Editor

MarkDown#Editor(マークダウン・シャープ・エディター)』は Markdownに特化した国産エディタです。対応OSはWindowsのみとなっています。

エディター画面をスクロールするとプレビュー画面も動いてくれる機能がついています。 CSSファイルを複数登録できて、すばやく切り替えることができます。 HTMLのファイル出力やクリップボードへのコピーもワンクリックです。

開発自体は2013年でストップしているようですが、 Windows環境でマークダウンに特化したエディタを探しているなら、 十分使えるエディタです。

★ MarkDown#Editorのサイトはコチラ

Dellinger

dellinger

Dellinger』はオンラインのMarkdownエディタです。

シンプルな見た目ですが、 エクスポート機能やセーブ機能が充実しています。
画面右上からエクスポートするファイル形式や、 保存先が選択できます。

Dellingerのサイトはコチラ

StackEdit

StackEdit

StackEdit』もオンラインのMarkdownエディタです。

画面上側にMarkdown記法の入力ボタンがついていて、 それぞれにショートカットキーも割り当てられています。 そのため初心者でも使いやすい画面です。

ファイルはGoogleドライブ、Dropbox、GitHubと同期させることもできます。

StackEditのサイトはコチラ