通信プロトコル

ネットワーク上で通信を行う際の決まり事

通信プロトコルとは、 インターネット やLANなどの コンピューターネットワーク 上で、 異なるコンピュータ機器同士が通信を行う際の決まり事(規約)です。 一言で言うと「通信規約」ともいいます。

一般の方に説明する場合は「通信プロトコル」や 「ネットワークプロトコル」という言葉を使いますが、 IT関係者同士で会話をする場合は「通信」を省略して 「プロトコル」という言葉がよく使われます。

プロトコル(Protocol)

プロトコル

プロトコル(Protocol)には「外交儀礼」や「協定」といった意味があり、 元々は外交上使われていた言葉です。

異なる言語や生活習慣をもつ人たちがうまく交流するためは、 共通の約束事やルールが必要となります。そのための決め事がプロトコルです。
プロトコルという言葉をコンピュータネットワーク分野に持ち込む場合 「通信プロトコル」と言います。

通信時の決まり事とは?

最初にプロトコルは通信時の決まり事という説明をしましたが、 もう少し具体的に言うと次のようなことを決めています。

  • 通信するデータの形式
  • データ通信の手順
  • 通信の速度
  • エラーチェックの方法

人間が会話したり交流したりする場合は、 多少ルールが大雑把でも会話や交流は成立します。 人間なら前後の文脈などから察することができるからです。

ところがコンピュータは察することができないので、 細かくルールを決めておく必要があります。 そこで上記のようなデータ形式や通信手順を細かく決めたものが「通信プロトコル」です。

通信プロトコルの種類

通信

通信プロトコルには多くの種類があるので具体的に見ていきます。

なお、「HTTP」や「FTP」のように、 コンピュータネットワーク分野の用語では 「〇〇P」と最後にPがつく用語がたくさんあります。 この場合、多くのケースで最後のPはプロトコル(Protocol)のPです。

TCP/IP

TCP/IP(Transmission Control Protocol/Internet Protocol)は、 TCPとIPという2つのプロトコルを中心として構成されており、 インターネットで広く使われているプロトコルの集まりのことです。
この後紹介するHTTPやFTPなどもTCP/IPに含まれます。

TCP/IPに含まれるプロトコルは固定されておらず、 新しいプロトコルが入ってくる場合もあれば、 古くなったプロトコルが外れる場合もあります。

TCP/IPの代わりにIPを中心とした 「Internet Protocol Suite (インターネット・プロトコル・スイート)」と呼ばれることもあります。

HTTP

HTTP(Hyper Text Transfer Protocol) は、 ハイパーテキスト(Hyper Text)の転送プロトコル(Transfer Protocol)です。
ハイパーテキストとは、Webサイトのように、 リンクをたどっていろんなページに飛ぶことができる仕組みのテキストのことです。

HTTPはWebサーバと ブラウザ間で データを送受信する場合に使われるプロトコルで、 Webサイトを見る場合はHTTTPプロトコルが使用されます。

現在ブラウザを使ってこのページをご覧になっていると思いますが、 ブラウザのアドレスバーに表示されているURLの左側を見てもらえますか? 次のように表示されているはずです。

https://

この「https」がHTTPプロトコルを意味しています。 最後の「s」はsecure(安全)という意味の「s」です。

FTP

FTP(File Transfer Protocol)は、 ファイル(File)の転送プロトコル(Transfer Protocol)です。

作成したWebサイトをWebサーバーにアップロードする場合や、 Webサーバーからファイルをダウンロードする場合に使われます。

ホームページを作ったことのあるかたなら「FTPソフト」という言葉を 聞いたことがあると思います。そのFTPがFile Transfer Protocolのことです。

SMTP

SMTP(Simple Mail Transfef Protocol)は、 簡易メール(Simple Mail)の転送プロトコル(Transfef Protocol)です。

メールソフトやWebメールを使ってメールを送信する場合や、 サーバー間でのメールの送受信の際に使われれます。 メールの受信時は別のプロトコルを使います。

POP

POP(Post Office Protocol)はメール受信のプロトコルです。 メールサーバーのメールボックスから メールを取り出す際に使用されます。
POP3ともいわれ、3はバージョン3の意味です

IMAP

IMAP(Internet Message Access Protocol)もPOPと同じく メール受信のプロトコルです。
メールサーバーのメールボックスからメールを取り出す際に使用されます。

但し、必要なメールだけを受信し、それ以外はサーバーのメールボックス 残すことができる点がPOPとの大きな違いです。

NTP

NTP(Network Time Protocol)は、 コンピュータの時刻を合わせるためのプロトコルです。
タイムサーバ(NTPサーバ)から配信される時刻を元に、 NTPクライアントは自身の時刻を同期させます