IPアドレス

IPアドレスはネットワーク上の識別番号

ipconfig

インターネット のようなTCP/IPネットワーク上で通信を行う場合、 通信相手を特定する必要があります。 ネットワーク 上の機器を識別するために使われるのがIPアドレスです。 IPアドレスはそのネットワーク上では一意の(重複しない)番号となっています。

例えるなら電話番号のようなものです。 電話番号も一意の(重複しない)番号なので相手を特定でき、 会話ができます。IPアドレスも同じです。

TCI/IP

コンピュータ同士で通信を行う時の約束事や規則を 通信プロトコル と言い、 多くの通信プロトコルが存在します。 インターネットやLANの通信プロトコルとして広く使われているのが「TCP/IP」という プロトコルです。このTCP/IPを使用しているネットワークをTCP/IPネットワークといい、 インターネットもTCP/IPネットワークの1つです。

IPアドレスの具体例

IPアドレスは識別番号ですが、どのような識別番号なのかを具体的に見ていきます。 IPアドレスにはIPv4(バージョン4)とIPv6(バージョン6)があり、 従来から使われているIPv4の場合を紹介します。

IPv4のIPアドレスは2進数32ビットの数値で表されます。 「1か0かの数値が32桁ある」という意味です。 例えば次のような2進数の並びです。

11000000101010000001111100000101

このままだと見づらいので、まず32ビットを8ビットずつに分けます。

11000000 10101000 00011111 00000101

次に8ビット単位で10進数に変換します。

192 168 31 5

IPアドレス具体例

それぞれの10進数の数値をドット(.)で区切ります。

192.168.31.5

これが「2進数32ビット」形式を、 8ビット単位の10進数に変換したIPアドレスです。

IPアドレスとドメイン名(ホスト名)の関係

IPアドレスは先ほど見たように「192.168.31.5」のような数値で表します。 ですがこのままでは人間にはわかりにくいため、 「〇〇.com」のような ドメイン名(ホスト名) をIPアドレスに対応させています。 ドメイン名のような文字列だと人間にもわかりやすくなるからです。

例えば、ドメイン名(ホスト名)「www.yahoo.co.jp」に対応する IPアドレスは「182.22.16.251」で、
「www.google.co.jp」に対応するIPアドレスは「172.217.174.99」です。

IPアドレスとドメイン名

このようなIPアドレスとドメイン名(ホスト名)の対応付けを行う仕組みを DNS(ドメインネームシステム)と言います。

IPアドレスの種類

IPアドレスは「グローバルIPアドレス」と 「プライベートIPアドレス」にわけられ、 その2つはさらに「動的IPアドレス」と「固定IPアドレス」に分かれます(下図)。

IPアドレスの種類

グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレス

「グローバルIPアドレス」はインターネット上でのIPアドレスで、 「プライベートIPアドレス」はLAN(企業内LAN・家庭内LAN)でのIPアドレスです。

電話で例えると、外線番号と内線番号のようなものです。
グローバルIPアドレスは外線番号に該当し、世界で一つしかない番号です。 プライベートIPアドレスは内線番号に該当し、 企業内(家庭内)で重複しない番号を割り当てます。

ご自身のグローバルIPアドレスを調べたい場合は「IPアドレス」等のキーワードで Google検索するとIPアドレスを確認できるサイトが上位表示されます。
プライベートIPアドレスを調べたい場合、Windowsならコマンドプロンプトや PowerShellの画面から「ipconfig」コマンドを入力すれば確認できます。

動的(可変)IPアドレスと固定(不変)IPアドレス

名前の通り 「動的(可変)IPアドレス」は接続のたびに動的に割り当てられるIPアドレスです。 一方「固定(不変)IPアドレス」は固定されたIPアドレスです。

動的か固定かは環境によって異なりますので、 ご自身のIPアドレスがどちらなのかは、 複数回(パソコンを起動しなおしたときに)IPアドレスを調べてみるとわかります。