SSH

SSHとは遠隔操作を安全に行うためのプロトコル

SSH(Secure Shell)とは、 ネットワークを介して別のコンピュータを遠隔操作するための 通信プロトコルで、 通信内容が暗号化されているため安全に 遠隔操作を実行できます。

「Secure」は安全。「Shell」はUnixのコマンドインタプリタのことです。
WindowsのコマンドプロンプトやPowerShellなどのコマンドベースで動作する ソフトウェアをコマンドインタプリタといいます。 Unix(Linux)の世界ではコマンドインタプリタのことを「Shell」と呼びます。

telnetやrloginの暗号化版

安全性

ネットワーク経由でコンピュータをリモート操作する場合、 従来はtelnetrloginが使われていました。 ですがtelnetやrloginでは通信内容が平文で送信されるため、 悪意のある第三者に情報が盗み取られる危険性があります。

そこで開発されたのがSSHです。 SSHでは通信内容が暗号化されるため、 コンピュータの遠隔操作を安全に実行できます。 そのため、現在ではSSHを使うことが当たり前になっています。

ユーザーの認証方式

SSH

コンピューターの遠隔操作は、 一歩間違えるとコンピュータの乗っ取りに繋がるため、 高い安全性が求められます。 そこでSSHでは正規のユーザーを認証するための方式が複数用意されており、 「パスワード認証方式」や「公開鍵認証方式」などがあります。

「パスワード認証方式」はパスワードによって正規ユーザーかどうかを 確認する方法です。簡単でわかりやすい方法ですが、 パスワードが流出するリスクがあるため、 現在ではあまり使われておりません。

「公開鍵認証方式」は公開鍵と秘密鍵を使って、 情報を暗号化する方法です。重要な情報がすべて暗号化されており、 一度使った鍵を再度使用することはないため安全性が保たれています。 現在では「公開鍵認証方式」が主に使われています。

SSHのバージョン

現在SSHにはバージョン1とバージョン2があり、 使用目的は同じですが相互接続性はありません。 バージョン1は脆弱性が発見されているため、 バージョン2の使用が推奨されています。