コンピューターネットワーク

複数のコンピューターが接続されている通信網

コンピュータネットワークとは、 複数のコンピュータが有線・無線を通して接続されていて、 相互にデータのやり取りができる通信網(仕組み)のことです。

コンピュータネットワークはその規模や特性に応じていろいろな呼び方があり、 LAN、WAN、インターネット、イントラネット、エクストラネットなどがあります。

そもそもネットワークとは

コンピュータネットワーク以外にも、 〇〇ネットワークと呼ばれるものはたくさんあります。 例えば物流ネットワーク、人的ネットワークなど。

そもそもネットワークとは、 次の3つの要素を備えているもののことです。

  • ノード(節:node)
  • リンク(線:link)
  • フロー(流れ:flow)

ノード、リンク、フロー

ノードが「人や物」で、ノードをつなげるものがリンク(線)、 リンクを通してノード間を流れるものをフロー(流れ)といいます。

物流ネットワークの場合、ノードが都市(都市A、都市Bなど)、 リンクが「道路」、フローが「荷物」です。

物流ネットワーク
要素具体例
ノード(節)都市
リンク(線)道路
フロー(流れ)荷物

3要素をコンピュータネットワークにあてはめると

上で述べたネットワークの3要素をコンピュータネットワークに あてはめると次のようになります。

コンピュータネットワーク
要素具体例
ノード(節)コンピュータやネットワーク機器
リンク(線)回線(有線・無線)
フロー(流れ)データ
コンピュータネットワーク

つまり、コンピュータやネットワーク機器(ルーターやハブ)が回線を通して繋がっていて、 データの送受信をできる通信網(仕組み)がコンピュータネットワークです。

コンピュータネットワークの種類

コンピュータネットワークには規模や性質に応じていくつか種類があります。

LAN(Loacal Area Network)

LANは企業が学校などの同じ建物内に構築される コンピュータネットワークのことです。
Localとあるように比較的狭い範囲でのネットワークと言えますが、 家庭内で複数台のコンピュータをつなぐLAN(家庭内LAN)もあれば、 企業で数百台のコンピュータをつなくLAN(企業内LAN)もあります。

WAN(Wide Area Network)

WANは、 地理的に離れた場所にあるLAN同士をつなげたコンピュータネットワークのことです。 Wideとあるように比較的広い範囲のネットワークと言えます。

例えば、企業の東京本社のLANと大阪支店のLANをつないだり、 ある企業のLANと別の企業のLANをつないだりすることもあります。

LAN同士をつなぐ回線は自前で用意するのではなく、 通信事業者の回線を利用します。

インターネット(the Internet)

インターネット

インターネットは世界最大のWANで、 世界中のLANやWANを相互接続したコンピュータネットワークのことです。

私たちがパソコンやタブレット、スマホを通して世界中から情報を取得したり、 SNSで他の人と交流したりできるのも インターネットという巨大なネットワークのおかげです。

イントラネット(Intranet)

イントラネットはインターネットの技術を使って構築されたLANのことです。

かつてはLANにはいろいろな技術が使われていました。 ですが現在ではインターネットにつなぐことを前提として、 LANにもインターネットの技術が使われているケースがほとんどです。

イントラネットの例としては、 LAN内のメンバーだけが閲覧できるWebサーバーを 構築している場合などです。