Cメール(シーメール)

Cメール(シーメール)とは au のショートメッセージサービス

Cメール(シーメール)とは、 au のSMS(ショートメッセージサービス)の名称です。

SMS(ショートメッセージサービス)とは、 電話番号だけで一定文字数のメッセージ(文字情報)を送受信できるサービスです。

Cメール(シーメール)は2019年9月から送信可能な文字数が大幅に増え、 これまでの全角70文字から最大670文字になりました。 (但し、2017年5月以降発売の4G LTEスマートフォン/4G LTEケータイに限られます)
一部の古い端末は最大で全角50文字の場合があります。

Cメール(シーメール)の特徴

電話番号だけでメッセージを送信できる

電話番号

現在はEメールやLINEなどを使ってメッセージをやり取りするのが主流です。 ですが年配の方などで、使い方がわからずに、 メールアドレスやLINEのアドレスを持っていない方も多数います。

Cメール(シーメール)ならそうした方でも電話番号あてにメッセージを 遅れます。

送信料がかかる

SMS(ショートメッセージサービス)は メッセージを送信する際に送信料がかかります(受信する側は無料です)。

Cメール(シーメール)の場合、全角70文字以内なら約3円の送信料がかかります。 134文字以内なら約6円、というように文字数に応じて料金も上がります。

メールやLINEの場合は月々のデータ料金を支払っていれば、 いくらでも送信できますが、 SMSの場合は送信するたびに料金がかかるので注意が必要です。

Cメールの料金など、詳しい説明に関しては 以下のau公式サイトからご確認ください。
SMS(Cメール) | サービス・機能 | au

WebサービスやアプリのSMS認証として利用できる

現在、Webサービスやアプリを利用する際に、 本人確認を行うケースが多くあります。

メールアドレスはいくらでも取得できますが、 電話番号は基本的に一人1つなので、 本人確認の手段の1つとしてSMS認証が良く使われています。

格安SIMでも使える

格安SIM

Cメール(シーメール)は格安SIMでも利用できます。
但し、すべての格安SIMで使えるのではなく、 次のいずれかになります。

  • 音声通話SIM
  • SMS機能付きデータSIM

SMS機能が付いていないデータSIMの場合、 Cメール(シーメール)は利用できないので注意が必要です。