ダイヤルトーン(DT)

ダイヤルトーンとは電話交換機からの発信可能な合図

ダイヤルトーン(tone dial)とは、 電話局の電話交換機から送られる、発信可能な合図です。

固定電話の受話器を上げた時に「ツーツー」または「プープー」という 音が聞こえます。 この音がダイヤルトーンで、最寄りの電話局の中にある 「電話交換機」が発信している音です。

ダイヤルトーンが聞こえると、 電話と電話交換機が繋がった状態であり、 「電話をかけることができますよ」という合図でもあります。

固定電話

オンフックとオフフック

受話器を電話機に置いている状態を「オンフック」と言い、 反対に受話器を上げた状態を「オフフック」と言います。

オフフックになると、電話交換機はそれを察知し、 電話にダイヤルトーンの音を送る仕組みになっています。