ハイパーリンク

ハイパーリンクとはクリックすると別の文書を参照できる仕組み

ハイパーリンク(Hyperlink)とは、 クリックすると別の文書を参照できる仕組みです。 ハイパーを省略して「リンク」とも言います。 テキストファイル だけではなく、画像や動画、音声などのファイルも 参照することができます。

主に WWW(Web)の HTML で使われており、 ハイパーリンク機能をもつ文書のことをハイパーテキストと言います。 「HTML」の最初の2文字 HT は「Hyper Text(ハイパーテキスト)」の略です。

通常は他の文書へジャンプできる仕組み自体をハイパーテストと言いますが、 単にリンク部分のみを指してハイパーテキストと言う場合もあります。

下図はYahoo! Japanトップページの一部です。 リンク部分は通常青色で表示され、 マウスカーソルをあてるとマウスが指差しの形状に変わり、 リンクであることがわかるようになっています。

ハイパーリンク部分

HTMLでのハイパーリンクの指定方法

HTMLでハイパーリンクを指定する場合は、a(アンカー)要素を使って 次のように記述します。

<a href="リンク先">リンク文言</a>

上のhrefで指定する赤字部分にリンク先を指定しますが、 指定するにはいくつか方法があります。

URL

URL とは「https://sample.com/page1.html」のような、 Webページの保管場所を示す表記方法のことです。
URLを使う場合は次のようになります。

<a href="https://sample.com/news/page1.html">サンプルページ</a>

絶対パス

同じドメイン(自サイト)内のファイルを参照する場合は、 上の「https://sample.com」の部分を省略して、 ファイルの絶対パスで記述することもできます。

<a href="/news/page1.html">サンプルページ</a>

絶対パスは、そのドメインのルートディレクトからのファイルパスを記述し、 先頭は「/(スラッシュ)」で始まります。

相対パス

同じドメイン(自サイト)内のファイルを参照する場合は、 ファイルの相対パスでも記述できます。

<a href="page1.html">サンプルページ</a>

上の場合は、現在のファイルと同じディレクトリにある「page1.html」を参照します。

WWW以外でのハイパーリンク機能

ハイパーリンクと言えば、 通常は WWW(Web)での ハイパーリンクのことを指します。

ですがハイパーリンクは便利な機能のため、Word・Excel・PowerPointといった Microsoftのオフィスソフトや、LibreOffeceなど、他のソフトウェアでも ハイパーリンク機能を備えているソフトはたくさんあります。

例えば Word のハイパーリンク機能を使うと、 Web上のファイルだけでなく、Wordで作成した他のファイルや、 ExcelやPowerPointで作ったファイルも参照できます。