WWW(Web)

WWWとはインターネット上のドキュメントシステム

WWW(World Wide Web)とは、 インターネット上で使われているドキュメントシステムのことです。 インターネット上に公開されているテキスト・画像・音声・動画などの情報を 「いつでも」「誰でも」利用できるシステムです。 単にWebと呼ばれる場合もあります。

英単語の「Web」は「クモの巣」の意味です。 「クモの巣」のように世界中の情報が結びついている様子から、 「World Wide Web」と名付けられました。

WWW

現在では「インターネット」イコール「WWW(Web)」と解釈される ことも多くありますが、 本来のWWWの意味は「インターネット上のドキュメントシステム」のことです。

WWWの表記・読み方

WWWの表記や読み方にはいろいろありますが、 以下の表記や読み方は全て同じ意味です。

  • WWW(ダブリュダブリュダブリュ)
  • W3(ダブリュスリー)
  • World Wide Web(ワールドワイドウェブ)
  • Web(ウェブ)

WWWで使用される言語

HTML

WWWのドキュメントは「HTML(Hyper Text Markup Language)」 というマークアップ言語で記述されています。

HTMLはクリックすると別の文書へジャンプできる、 ハイパーリンク 機能を備えたハイパーテキストです。 ハイパーリンクの仕組みによって、 世界中の文書をたどって閲覧できる仕組みになっています。

WWWのドキュメントを閲覧する仕組み

WWWのドキュメントを閲覧するには、 ブラウザ(Webブラウザ) と呼ばれるアプリケーションを使用します。

Webブラウザのアドレス欄に URL を入力するか、 HTMLドキュメント内のリンク部分をクリックすることで目的のドキュメントを 閲覧できます。
ユーザーの操作はこれだけですが、 その裏側ではいろいろな技術が駆使されています。

WWWのドキュメントは、 インターネット上に多数存在するWebサーバーが持っています。 パソコンやスマホでWebクライアントとしてWebサーバーにアクセスし、 閲覧したい情報を要求します。
Webクライアント側のブラウザとWebサーバが通信する際に、 使われる 通信プロトコル(通信規約) がHTTPプロトコルです。

ブラウザのアドレス欄を見ると「https://www.google.com」のように表示されています。 最初の「https」の部分が「HTTP」プロトコルを意味します。