インターネット

インターネットとは世界最大のコンピューターネットワーク

インターネット(Internet)とは、世界中のLANやWANをつないだ、 世界最大規模の コンピューターネットワーク のことです。

技術的にはTCP/IPというパケット通信型の 通信プロトコル が使われていて、 各ネットワークは IPアドレス というネットワーク上の識別番号で区別されています。

インターネットの起源

インターネットの起源はARPANETと言われています。

米国国防総省の高等研究計画局(ARPA)が、 核攻撃による危険から情報ネットワークを守るために、 分散型のコンピュータネットワークの研究を行っていました。 そのネットワークがARPANETで、 最初は4台のコンピュータを電話回線でつないでいました。

インターネットが普及したきっかけ

初期のインターネットは主に学術目的に使用され、 利用者も研究者や学生などに限定されていましたが、 1990年代に入って、 WWW(World Wide Web) と呼ばれるインターネット上の ドキュメントシステムが登場しました。
WWWはネット上にあるテキスト・音声・動画などの情報を 「いつでも」「誰でも」利用できるシステムです。 WWWが評判となり、インターネットに接続したいという声が増えました。

そしてインターネットに接続するための事業者である ISP(Internet Service Provider)が登場し、 一般の人がこぞってインターネットに接続するようになり、 爆発劇に利用者が増えました。

インターネットで受けられるサービス(機能)

インターネットを利用することで受けられるサービス(機能)には、 さまざまなものがあります。 一部ですが主なものを上げると次のようになります。

  • WWW
  • 電子メール
  • 動画
  • 音声
  • SNS
  • 地図

多くの人がこれらのサービスを利用したことがあると思います。 そしてこの中でも、最も利用されているのがWWWです。 インターネットと言えばWWWと言われるほど利用されています。