HTTP

WebクライアントがWebサーバーから情報を取得するための通信規約

HTTP(Hyper Text Transfer Protocol)とは、 インターネット の中心的サービスである WWW(Web)で、 WebクライアントがWebサーバーから情報(データ)を取得するための 通信プロトコル(通信規約) です。

通信を行う際の窓口ともいえる ポート番号 は80番を使用し、 OSI参照モデル やTCP/IPではアプリケーション層に位置するプロトコルです。

HTTPを直訳すると「Hyper Text(ハイパーテキスト)」の 「Transfer Protocol(転送プロトコル)」です。
ハイパーテキストとは、ハイパーリンク機能を備えた文書のことで、 HTML で記述された文書が該当します。 HTMLの「HT」は「Hyper Text(ハイパーテキスト)」の略です。

http

WebクライアントとはWebブラウザのこと

HTTPはWebクライアントとWebサーバー間の通信規約ですが、 ほとんどの場合、Google Chrome・Microsoft Edge・Firefoxなどの Webブラウザ を使ってWebサーバーから情報を取得して表示します。 ですから、Webクライアントとは実質Webブラウザのことです。

HTTPはデータの転送を受け持つだけで、 転送されたデータをどのように表示するかは完全にWebブラウザ任せです。 そのため各ブラウザの実装方法によって、 見た目に違いがある場合もあります。

HTTPはシンプルなプロトコル

HTTPはシンプルなプロトコルです。 Webクライアントからのリクエストに対して、 Webサーバーが応答するだけです。

シンプルな仕組みなので応用が効き、 HTTPではテキストデータに限らず、 画像・音声・動画を取り扱うこともできます。

httpsとは

Webブラウザで情報を取得する場合、 ブラウザ上部にあるアドレス欄にURLを指定します。
URLとはWebページの保管場所を示す表記方法で、 「https://www.google.co.jp/」といった文字列のことです。

「://」よりも左側にある「https」がHTTPプロトコルを意味します。 HTTPによる通信を暗号化したものが「https」です。 最後の「s」は「secure(安全)」の意味になります。

「http」と表示されている場合は、 暗号化されていないHTTPプロトコルが使われています。
以前は「http」が標準として使われていました。 ところが2015年頃からGoogleが暗号化されている「https」を推奨するようになって、 現在ではほとんどのサイトが「https」になっています。