IETF

IETFとはインターネット技術の標準化を行う任意団体

IETF(Internet Engineering Task Force)とは、 通信プロトコル などの インターネット 技術に関する 標準化を行う任意団体です。 読み方は「アイティーイーエフ」。

「Internet Engineering」は「インターネット技術」のことで、 「Task Force」とはもともと軍事用語で「機動部隊」を意味し、 特定の課題を解決するために集められた特別なチームのことです。

「Task Force」となっていますが、 IETFには誰でも個人として参加できます。 議論の多くはメーリングリストで行われており、 自由に参加できます。 さらに年に3回ミーティングが、 アメリカ国内、またはアメリカ以外の国で開かれており、 このミーティングにも参加費を払えば参加できます。

IETFにおける標準化の重要性

IETFはインターネット技術の標準化を行う団体ですが、 標準化とは仕様を統一することです。

インターネットには様々な機器やソフトウェアが接続されています。 それぞれが独自の仕様でインターネットに参加すると、 仕様が多すぎて利用者が混乱します。
IETFが仕様を統一することで、 利用者の利便性や相互接続性が高まります。

IETFによって標準化された技術として、 TCP、 IP、 HTTP、 SMTP、 POP3、 UTF-8などがあります。 今日の インターネット には欠かせない技術の多くが IETFによって策定されています。

IETFの仕様策定の特徴

IETFは誰でも参加できる任意の団体なので、 仕様策定にも特徴があります。

「ラフコンセンサスとランニングコード」という考えのもとに、 ラフコンセンサス(Rough Consensus)では、 最初からきっちりと仕様を固めるのではなく、 まずはラフな仕様を作成します。
ランニングコード(Running Code)では、 ラフな仕様に基づいて相互の接続実験を行ったり、 実際に運用してみます。 実験結果を踏まえて改善を行い仕様を実装します。

PDCAのように改善を行いながら仕様を策定するという、 柔軟なプロセスが特徴です。

RFCとして公開

IETFで作成された仕様は、 RFCと呼ばれる文書によってインターネット上で公開され、 誰でも参照することができます。

RFC(Request for Comments)とは直訳すると 「コメント募集」「コメントを求める」といった意味になりますが、 インターネット技術に関する標準化された仕様についての文書のことです。