RFC

RFCとはインターネットに関する技術仕様文書

RFC(Request for Comments)とは、 インターネット に関する技術的な仕様や、運用ルールなどを定めた文書です。 IETFという任意団体によって作成・管理されています。

インターネット上で公開されているので誰でも入手することができます。

RFCの文書には文書タイトルと同時に「RFC791」のように通し番号が付いています。 技術者同士の情報のやりとりの際にも「RFC791では」というように、 文書タイトルよりも通し番号の方が使われます。

数多くの文書が公開されており、 2021年の時点で通し番号は9000を超えています。
RFCの一覧は下のリンクから(但し数が多いので表示に多少の時間がかかります)。
「Index of /rfc」

RFC文書をピンポイントで検索したい場合は下のサイトがおすすめです。
IETF Documents

IETF

RFCと切り離せない関係なのが「IETF」という任意団体です。

IETF(Internet Engineering Task Force) とは、 インターネット技術に関する標準化を行う任意団体です。

IETFには誰でも参加でき、主にメーリングリストで議論が行われています。 このIETFで策定されたインターネットに関する技術仕様をまとめた文書がRFCです。

Request For Commentの意味

RFCは「Request For Comment」の略で、直訳すると 「コメント求む」や「コメント募集」という意味です。

もともとは研究者の間で、 インターネットに関する技術的な情報交換を目的として、 「意見を広く募集しています」といった意味合いで付けられた名前です。 徐々に関わる人数が増えていくにつれ、 現在のように策定された仕様を公開する場になりました。

RFC文書の具体例

RFCでは今日のインターネット技術を支える重要な文書が数多く公開されています。 ほんの一例ですが次のような文書があります。

RFC概要
RFC791 IP
RFC793 TCP
RFC1918 プライベートIPアドレス
RFC2373 IPv6
RFC2616 HTTP
RFC3339 タイムスタンプ