PHP: 割り算の余りを求める演算子

割り算の余り %

PHPで割り算の余りを求める場合は、算術(代数)演算子の 「%(パーセント)」を使います。

例)7 を 3 で割った余りと、7 を 5 で割った余りを表示してみます。

echo 7 % 3 . "\n";

echo 7 % 5 . "\n";

実行例

1
2

余り「%」を利用した奇数・偶数判定

算術(代数)演算子の余り「%」を用いて、 奇数か偶数かを判定するロジックがよく使われます。

対象の数値を2で割った余りが1の場合は「奇数」で、 余りが0の場合は「偶数」です。

$num = 6;

if (($num % 2) == 1){
	echo "奇数\n";
}else {
	echo "偶数\n";
}

// 実行結果
偶数